チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

2019/2/24 東京都ウインターロードレース大会第2戦 クラスB 17位/46人


東京都ウインターロードレース大会第2戦クラスBに参加してきた。結果、17位/46人
。

前回クラスCで2位だったので今回はクラスBでエントリ。クラスBでどれくらい通用するのか楽しみ半分不安半分だったけど。

事前にスタートリスト見るとクラスBなのにメンツが濃い…。E1選手も多いし元Pもいるし。極めつけは元ブリヂストンアンカーの西薗良太選手。インカレ二冠、全日本TT王者3回。2017年に引退して、まあほとんど練習してないんだろうけど、そもそもフィジカルレベルが違うし。

最初はなんでクラスBなんだよ…って思ったけど、よく考えてみれば彼ほど有名な元プロ選手とレースで走れるなんてめったにあることではないし、敵わなくて元々、やれるだけやってみようという気持ちに。(まあほんとはすげーやる気出なかったけど。だって千切れないように頑張るの実業団でさんざんやったからもういやだ。。。)

当日はチームメイトの山田くんにクルマを出してもらって修善寺へ。チームからは今西くん、島崎くん、ぼくがクラスBで、山田くんがクラスC。

定刻通り10時2分スタート。

前回クラスCで勝った渡辺さんともう1人がかっ飛んでいくので追随。1周目はガンガンいく。でもほかにはあまり同調するひとがいないか。1周目は8分57秒。

2周目も前々でいけるところまでいく。かなり踏んだけどさすがにクラスBだと集団小さくならない。クラスCならこれくらい踏めばすでに数人しか残らないんだけどな。長い下りで6人くらいになったときはいけるかと思ったけど、当然そんなことはなく次の登りで吸収される。最後の下りでインナーからアウターに上げた瞬間チェーン落ち。FORCE御堂さんに心配されたけどガチャガチャやったら直った。ご迷惑をおかけしました…。2周目は9分10秒。

3周目以降は9分10秒台でペースは落ち着く。が、ちょっと疲れてきた。西薗選手はいつかっ飛んでいくのか、と思っていたけど集団内で動かず。

時折オーベストやフィッツ、リンク東北、FORCE御堂さんなどが飛び出しているけど、見える範囲なので、いつの間にか吸収しているかんじ。ぼくはといえば、ブリッジしたいけど脚終わりそう、って日和ってしまい静観。というか、だんだん余裕なくなる。ふと後ろを見ると集団最後尾だったり。またこのパターンか。

5周目くらいでぼくの前がかなり中切れして、かなり全力で踏む羽目に。ココらへんで脚が終わる。だんだんと集団と車間を開けてしまっては頑張って追いつくを繰り返すように。

7周目最終周回。下りですでに数十メートルお千切れ。せめて集団のケツにひっつこうとしたけど左脚のふくらはぎが攣る。最後の秀峰亭までの登りで右脚のふくらはぎも攣ってしまい、集団から完全に千切れて終了。17位でゴール。

優勝は西薗選手。今西くんが6周目で逃げて、吸収されたところをカウンターで行ったらしい。

データ的には1時間のレースでTSS100なので全力は尽くしたっぽい。が、去年の都ロードでぼくの次だったラバネロの子が入賞してたので、ほんとはまだまだいけたんじゃないか、って思う。

JCRC、チャレンジロードともう2戦修善寺あるから、今度は気持ちで負けないようにしないと。

2019/1/27 東京都ウインターロードレース大会(第1戦) クラスC 2位/29人


東京都ウインターロードレース大会(第1戦)クラスCに参加してきた。結果、2位/29人。

2019年初戦。

当初は出るつもりなかったんだけど、チャレンジロード出たいなとふと思って、練習のつもりで出ることに。

今年はJCF登録していないので、出られるのはクラスCかBのどちらかだけど、自分から動いて逃げて勝ちたいって思ったので、Cでエントリー。

そんなこと考えたせいで、自分にプレッシャー掛かって、すごい憂鬱だったんだけど。

現地まではいつも通り修善寺まで輪行。

また強い寒気がやってきていて、前日は強風吹き荒れていたけど、当日はそこまで風は強くない。しかしとても寒い。

まあ陽が当たればだいぶ暖かいし、ウォーミングアップしてたら温まってきたので、長袖ワンピにおたふくインナー、ニーウォーマーという格好で走ることに。手袋は軍手。

並びは最後尾。定刻通りにスタート。

集団で下るの怖え。1号橋からの登りでさっさと前のほうへ上がる。

去年のJCRCで完敗したウォークライド菅野さんが早速アタック掛けてるので追随。

下りで前へ出るが、結構な向かい風で伸びない。。。

登りのたびにアタックが掛かる。アタック合戦は望むところだが、即反応しちゃうとただのアタック潰しなので、少し間を空けてから合流するような動きをする。結構しんどい。

2周目の1号橋からの登りで、すでにだいぶバラけていたので、一旦数人で纏まるか…?と考えていたら、今回優勝したひとがスルスルと加速。

あっという間に距離が開く。誰も追いかけない。マズいと思ってぼく一人で追随するも、そのひと下りが速くて追いつけない。

集団待って何人かで追いかけるか考えたけど、秀峰亭辺りですでに2番手のぼくと後続の差も開いていたので、覚悟を決める。

とはいえ、まだ2周目。逃げるつもりではいたけれど、ここから最後までイケるのか?という気持ちは拭えない。

幸い、前のひとはチラチラ見える位置にいて、登りでは少しずつ距離詰められている。

終盤10秒くらいまで詰められたけど、10秒だとひと喪掻きで追いつける距離ではないし、気付かれたのかペース上げられて再度離される。

結局そのまま最後まで独走で逃げ切られた。ぼくも後ろに追いつかれず2位でゴール。

当初は序盤少人数で逃げを作って、終盤アタックして独走って考えていた。でも、思い描いていた展開とは違ってしまって、単に力押しになってしまった。そしてチカラで完全に負けた。2人で行ってもたぶんどこかで千切れていただろうし。

秀峰亭ゴールだと、ぼくの脚質では逃げるしかないので、独走できたのは良かった。

また勝てなかったので不満だけど、さすがに次はクラスBで出るべきだなー。

f:id:thirdman:20190127155410j:image

2018/12/9 CSCクリテリウム第6戦 クラス2 2位/11人

CSCクリテリウム第6戦クラス2に参加してきた。結果、2位/11人。

先月末から仕事場が変わりブログを書く時間がなくなってしまった。まあ練習内容マンネリだったし、モチベーションも低く、元々のレース記録に戻そうかと。環境が変わったらまた書くかもしれないけれど。

それはさておき、ひさびさCSCクリテ。都ロードで今年は終わるつもりだったけど、今年CSCクリテ出てないなあと思ってエントリー。そこそこ動けて脚力的に合ってるクラス2で出場。

当日は5時起床。6時過ぎに家を出て、輪行で修善寺駅へ。9時前に到着。

修善寺は曇ってて寒いけど、風があまりないのでまだマシか。

冬時間になってるので時間に余裕があり、駅前でうだうだしてたけど、CSCまで自走で向かう。

修善寺駅から競輪学校のほうの道で登るルートは最大でも8%くらいの斜度なのでキツくないけど、今日はクリテということもあってフロントシングルのアレースプリントなのでそれなりに頑張らないといけない。寒いのに軽く汗ばむくらいの強度で登る。

10時前には到着。エントリーリストにはなかったけど、ウォークライドの小形さんがいる。仕事の都合で当日エントリーとのこと。

CSCクリテは当日支払いなのと当日エントリーできるのが良い。

ひさびさなので試走はガッツリ。ホームストレート奥の登りが記憶よりキツい。そしてバックストレートからのヘアピンコーナーが久しぶりすぎて攻められない。限界がわからないのでマージン取ったほうが良さそう。

クラス3のあとにクラス2。クラス1が少人数とのことで、クラス2のモンテロッソの子がクラス1に移される。結局クラス2は11人。少ないなあ。

スタートして前に出てしばらく様子見かと思いきや、FORCE山中さんが抜け出したさそうなかんじ。

同調して強めに踏んだけど、わりとみんなついてきていたので踏みやめて後ろに下がる。

そしたら山中さんアタック。そこにウォークライド小形さんが追随。

小形さんはスプリンターなので逃げに乗るイメージなかったけど、スタイル変えたのかな。ちょっと意外だった。

ともかく逃げには乗りたいので、2人を全力で追いかける。が、2人ともガンガン踏んで回してるし下りが速え。。。

これ追いつかないかも…と弱気になったところで後ろを見たらヴェントスフレッチャの子がベタ付き。

とりあえず前に出して、こっちもローテ回して2人で追いかけて1回目の周回賞終わって緩んだ2人に追いついて4人に。

ここですでにもう4人の勝負になっちゃっていたようだけど、逃げを確定させたいという気持ちはみんなあったようでローテをガンガン回す。

スキップはほとんどなく、ツキイチもいないやたらと綺麗にローテ。

ぼくはアタック掛かったら反応できるくらいには脚残して回していたけれど、みんな余裕はないのか?それともスプリントにしたいのか?アタック掛からず4人のまま最終周回へ。

ホームストレートで早駆け的に強めに踏む。が、思ったより脚が残っていない。アタックというよりペースアップなレベル。

しかし牽制なのか?他の3人は前に出ず。ならば、とバックストレートもそのまま先頭で前に出させないように。

それまで周回してきて、ヘアピンコーナーはぼくが一番速いようなので、コーナーを先頭で抜ければワンチャンあるかも。

思惑どおり先頭で最終コーナー抜けてロングスプリント開始。

踏み始めてしばらく気配がなかったけれど、ゴール手前50mくらいで小形さんがすっ飛んでいく。さすがスプリンター。。。

あとは他の2人に抜かれないようになんとか最後まで踏み切り2着。

アタック掛かったら喰らい付こうという作戦だったから他力本願だったね…。入賞するテクニックはあるけど、勝つために自分の得意な展開に持っていくってことがやれなかった。だから2位3位は何回か取ってるのに1位はないんだよね。。。

いうてもしゃーないので来年は登録しないし、身の丈にあったレースカテゴリで勝てるような走り方をしよう。

f:id:thirdman:20181209162935j:imagef:id:thirdman:20181209162939j:imagef:id:thirdman:20181209162944j:image賞品が都ロードのときにもらった手袋と同じだった笑。

2018/11/25 新木場練

6時起床。

部屋の中が寒い。

三連休3日目、ひとりで走ってもつまらないのでひさびさに新木場へ。

気温7℃弱。5℃までは生脚イケるが顔とかが寒い。

本日の参加者はチームから6名。何故だか珍しくいっぱい集まった。フィッテさんたちと周回開始。

街中はあまり風の影響がないけれど、海沿いは風を感じるいつものやつ。

今日は中根さん・瀬戸さんがいないので、ヤトくんと今西くんが逃げたらブリッジする。

ぼくがアタックしても後が続かないし…。

そんなかんじでちょこちょこ逃げ→ブリッジな展開が続くが、逃げ成立しないで終盤までもつれ込む。

ラスト2周くらいでのペースアップでようやく今西くん・ヤトくん・朝比奈さん・ぼくに絞られるが、最後もう1周あるかと後ろについていたら今西くんの振り落としが始まり、あっやべえってなったら今西くんヤトくんがすっ飛んでいって3着で終了。

新木場練1時間Ave35.9km/h、NP205w。ローテ入るときはゴリゴリ踏んでたつもりだったけど、NP低いな…。

f:id:thirdman:20181125164949j:imageスプリントの写真撮ってもらったけど上体高いね…。もっと前に荷重掛かってないとダメな気がする。