読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

第25回JBCF舞洲クリテリウムE3-1 26位/51人

第25回JBCF舞洲クリテリウムE3-1に参加してきた。結果、26位/51人。
今回もTTとクリテの両方に出るために土曜日の品川始発の新幹線で大阪入り。今週は秋雨前線と台風の影響で天気が悪く練習できず。わりきってレストにしたけど体調はあまり良くない。
土曜日のTTはポイント得るためだけに出たのだけど、それでも少しでもいい順位取りたいと頑張ってみたものの苦しいのに出し切れたかんじはなく、春よりタイムが落ちて51位/62人というひどい有様。普段の練習ではアタックに反応したり仕掛けたりできるようになっていたので上り調子と思っていたのだが、この結果にはへこんだ。こりゃ翌日のクリテもだめかもな…。
翌日曜日はずっと雨予報だったのに土壇場で好転して快晴。湿度は低く秋めいてきたが日差しを遮るものがない舞洲ではかなり暑く感じる。
11時ごろ会場入りしてチームのなかでは唯一西のほうに住むフクシマさんと再会。あとは関東からの数少ない遠征組であるTeam GOCHIの御三方とまったり過ごす。E1のレースでは逃げと吸収が繰り返される展開で観ていて面白かったのでこういうレースがしたいなあと思う。
レース1時間半前から外周コースでウォーミングアップ。最初はからだが重かったが30分ほどかけて徐々にあげていき、登りで2回スプリントしてみる。あれ、意外とイケそうな。前日からだが動かなかったのはアップが足らなかったのかな。アップ後は検車を受けて自転車を招集場所に置いてクルマの陰で休む。
E2-2が終わってやっとE3-1の出番。ローリングスタートだからそんなに重要ではないのだが最前列に並ぶ。ローリングスタートして半周したところでアクチュアルスタート。2人が先行したので後ろについて3番手。あまりペースきつくないな、と思いながら前の二人の後ろにつくが、先頭交代なしでしばらく進むと微妙に離されていく。。。間埋めるひといないかなーと思ったが向かい風区間で誰も出てこない。思いっきり横に進路を変えるとようやく前に出てくれたので後ろに下がる。前の二人もしばらくして吸収。カウンターで2人ほど飛び出すがお見送り。ひとりはほどなく吸収されて、もうひとりもしばらく逃げた後明らかに失速。ペース上げなくても吸収できるな…となって集団が緩んだのが分かったのでアタックして飛び出す。最初は逃げのひとりにブリッジするイメージで、途中から追い越してそのまま決めるつもりで。コーナー曲がったあと1人コラッジョの子がついてきているのが分かったので2人で回す。さらにもうひとりブリッジしてきて3人に。良い展開なのでできるだけ逃げようとしばらく踏むが向かい風区間がキッツい。。。3人でローテして進むが徐々に失速して2周半くらい逃げたところで吸収。カウンター警戒したが向かい風区間で大した勢いもなくまた集団となる。少し消耗したけどまだまだ元気なので少し休んでまた前に上がる。

f:id:thirdman:20160912180325j:imagephoto by フクシマさん

と、ここでスプリント賞周回の合図のブザーが聞こえる。位置取りも良いしこれは狙っていくか。向かい風区間は先頭固定で一列棒状。自分は5~6番手。この位置だとまったく脚を使わないので獲れる自信が出てくる。ホームストレートは追い風なので、コーナー抜けたらロングスプリントするつもりで備える。さあいくぞ!というところで先導のモトから減速+停止指示。突っ込まれないように大声あげながら減速停止。見ると前周回で落車したひとが路上に突っ伏したまま動けていなかった。これからというところで…という気持ちもないわけではなかったが仕方がない。コースクリア確認後仕切り直してレース再開。
ニュートラル解除後の周回がスプリント賞周回と変更されたので数名が飛び出していくが、自分は停止後に後ろに下がってしまったため追いかけられず諦める。そして、さっきまでの「ヤッテヤルデス!」って気持ちが消え失せていることに気付く。ほんの数分の停止だったが集中力が切れてしまったようだ。これではイカンと前に上がるが、停止で回復したひとが多いのかどうも位置を維持できない。ワンチャン狙って残り2周回で飛び出そうと画策するが、ペースの上がった集団では後方から前へ上がるだけで終わる。そのあとすぐに後ろに追いやられ、結局先頭から5秒遅れの26位でゴール。
後半はいつものごとくダメダメだったが、前半は動けていたし久々に楽しいレースだった。この気持ちを忘れないようにしたい。
次のレースは秩父宮杯、実業団レースは南魚沼です。

第15回 JBCF 石川サイクルロードレース E3-2 37位/99人

第15回 JBCF 石川サイクルロードレース E3-2に参加してきた。結果、37位/99人。

前週の修善寺のダメージがなかなか取れず体調いまいち。石川ロードは、特にE3は2周しかないために序盤から高強度で最後まで緩まずにいくと聞いていたこともあり憂鬱。

福島へは前日入りして受付アンド試走。試走した印象は、思ったより緩いなと。登りは10%超えるようなところはなく、6~8%くらいでぐいっと登ってからダラダラと下るの繰り返し。スタート/ゴール地点への最後4kmの登りはだいたい2~3%でところどころ5~7%くらいの箇所があるかんじ。サイクリングペースで走るなら非常にラクなのだけど、レースペースだと体重あってもパワーがあるひとが強いコースなのでさらに憂鬱に。

レース当日は曇り。例年石川ロードは灼熱地獄らしいのだけど、この日は湿度が高いものの気温はさほど高くなく、運動強度上げてもだいじょうぶそうなかんじ。お昼前に雨がパラりと降ったが本降りとならず路面もすぐに乾いた。

E3-1は、なるしま時代にPで走っていた岩島選手が今回E3で出ていて全員マークだったらしいが見事優勝。そんなハイレベルな1組目でチームメイトが6位入賞。さすがです。感想を聞いたりしてなんとなくシミュレーションしつつ待機列に並ぶ。

そしてE3-2スタート。クリートキャッチは問題なし。わずかに登り基調の狭い道を抜け、右に曲がると短いがやや勾配のある登りへ。ここが最初の勝負どころと聞いていたので迷わず踏んでいく。が、前のほうが遅くて詰まる。抜きたいが、位置取りが悪くて前に出ていけない。落車の多いポイントとも聞いていたので神経を使う。空いてるスペースがあれば入っていきたいんだけど、それは周りも同じ。あまりポジションを上げられないまま集団後方で下りへ。だが集団なのに下りの速度がいまいち遅い。以前E1のひとと練習したとき、下りで全開で回していて、実業団レースはそういうもんだと聞いていたのだが、E3では違うのか。全然回し切る速度でもないのに踏まずにエアロフォーム取ってるひととかいるし。幸い道幅が対向2車線で広いので周りに注意しつつ横からどんどん前に出ていく。よし、前のほうに出られる!と思った矢先に直角コーナー。。。ガッツリブレーキ掛けてまた後方へ。下手くそ過ぎる。そんなかんじで登りで詰まり、下りで風を受けて前に出て、コーナーで大減速を繰り返して脚を消耗して4kmの登りへ。ここは登りとはいえ緩いので概ね33km/hとか出ており集団効果はあり。しかしそれくらいで踏んでいける脚がないと千切れていく。相変わらず集団後方にいたので中切れがぷちぷち起こり、そのたびにダンシングでパスして埋める。そんなん繰り返してたら脚終わるわ。オールアウト気味であやうく自分も千切れそうになりながらもなんとか2周目へ。

2周目最終周回、集団は40人ほど。1回オールアウトしちゃったので登りは我慢して下りで休む。際立って強いひとがいない2組目は最後の登り4kmが勝負という意識なのかやや牽制気味。おかげでなんとかついていけたし最後の登りへ入るまでに呼吸も落ち着いた。だがしかし。ここで、さらにペースの上がる登りを食らいついていけるのか、15位以内に入れれば10ポイントだが、それ以降だったら16位でも40位でも90位でも同じ5ポイントだよな、とか考えてしまった。完全に負け犬の思考。考え始めたら踏ん張れず遅れ始める。残り3km辺りで集団最後尾についていたモトに抜かれて心が折れる。あとはひとり精一杯踏んでゴール。わずか3kmで先頭から2分も遅れて37位だった。

前週の修善寺では踏ん張れたのだが、実業団レースだとどうせこんなもんだろという諦めが出てしまっている。このままいけばポイントで昇格は固いけれど、こんなんであがってもダメだ。

8月はレースおやすみで、9月からレース再開。実業団レースは舞洲、その翌週に埼玉車連の秩父宮杯。ちょっとリフレッシュして結果残せるようにがんばろう。

f:id:thirdman:20160719215305j:plain

東京都クラブ対抗ロードレース大会 クラスC 4位/26人

東京都クラブ対抗ロードレース大会 クラスCに参加してきた。結果、4位/26人。クラスCなので優勝目指していたがダメでした。

東京都クラブ対抗ロードレース大会、通称都ロード。会場はいつものごとく修善寺CSC。2月のウインターロードは逆回りで楽しかったが、今回はお馴染みの順周りで、監視塔前スタートの秀峰亭ゴールで4周半。ウインターロードのときは展開作れるレベルだったのにあまり動かずに終わってしまったという印象があり、次週の石川ロードに繋げるためにも最初からガンガンいこうと考えていた。

当日は晴れ。梅雨の晴れ間というには暑すぎる。修善寺CSC行くときは三島から自走していたけど、アップにしてはキツすぎるので今回は三島から修善寺まで駿豆線で輪行。車内には自分の他にも輪行のひとがちらほら。だけど、タイオガの後輪外さないタイプ使ってるひととかフォークが袋から飛び出しているひととかいてなんだかなーってかんじ。修善寺駅で降りて自転車組み立ててCSCまで8kmほど登る。いきなり登りなのであまり強度上げずに軽いギア回しながら登っていったけど、どうにも暑くて心拍数が高い…。這々の体で到着して受付して試走。ホームストレートが追い風基調。ホイールを新調したんだけど、併せてスプロケットを11-25Tにしたんで11Tが活かせそうな雰囲気。試走は1周で済ませて、あとは準備して軽く脚を回すだけにしておく。

10時になってクラスA、ジュニア、クラスBがそれぞれ1分ずつ間を空けてスタートし、10時3分にクラスCと女子がスタート。人数少ないので最後尾から。1号橋を過ぎて登りに入ったところでリアルスタート。あまりペースは速くないが、集団に合わせないでさっさと前へ上がる。登りきるところで緩めずに踏んでいって先頭で下りへ。パインヒルズのひとに抜かれるが2番手で2号橋を越えて秀峰亭への登り。アタックが掛かりすかさずチェック。集団を早めに小さくしたいし、できれば逃げたいのでチェックしたあとも緩めずに踏んでいく。秀峰亭過ぎて下ってから登り返してさらに登っていくところで後ろを振り返ると、さすがに1周目なのでみんなついてくるがそれでも一列棒状になっていていいかんじ。

2周目も先頭を牽きつつアタックが掛かったらついていく。パインヒルズのひとは名前を見たことあるので強そうな印象だったがすでに息が荒い。代わりに輪千の若い子が元気いい。結構飛び出していく。ペース上げて追いつく。追いついて後ろがついてなければそのまま逃げにしたかったがピタリとついてくる。。。うーんダメか。

3周目もおんなじかんじだが、ちょっと疲れが。輪千の子が何回も飛び出すけどやはり下りで追いついてしまう。ジュニアギアだからねしょうがないね。しかし暑い。。。あまりに暑くてボトルの水かぶるがまさに焼け石に水。全然ラクにならない。そして3つ目の登りをこなしているとき右脚のふくらはぎが攣りそうに。。。あまり振り返る余裕がないが思ったより集団が小さくなっていなくて焦る。

4周目。攣り気味の右脚を庇って走っているのでここでペースアップしたらヤバかったがやや牽制気味?騙し騙し2~3番手でついていく。相変わらず輪千の子が飛び出しているけど、どうせ下りで追いつくので放置気味でちょっとかわいそう。ここらへんから酸欠気味なのか視界が狭くなる。非常に苦しいがここで千切れたらおしまいなので根性で乗り切る。

5周目、最終周回。最終周回といっても途中の秀峰亭でゴールなのでそこに向けてどういうふうに走るか。まあすでにいっぱいいっぱいなのであまり取れる手はないのだけど。1号橋からの登りを3~4番手でクリアし、下りへ。前のひとが遅いので先頭に出て自分のラインで下る。11T最高。風除けに使われているかんじもあるが、後ろを振り返ると少し間が空いていたのでこのままの勢いでいこうと決める。2号橋を過ぎてからの登り返しで全力で踏む。曲がるところまでは先頭をキープできたがタレてきたところでアタックしたひとにさくっと抜かれる。またこの展開か。もうひとりにも抜かれ、秀峰亭に至るキツい部分で限界。後ろについていた100milesの若い子にも抜かれ4位でゴール。ゴール後はしばらく動けず。そして頭痛と寒気。軽い熱中症だった模様。

実業団レースだと最初からキツくて距離が短いから最後までキツくて終わるかんじなのでそういうイメージ通り走れたと思う。入賞はしたけれど勝てない。修善寺は得意なコースではないけれど好きなコースなので勝ちたいんだけどなあ。

次はJBCF石川サイクルロードレースです。

第1回 JBCF 奈良クリテリウム E3-1 12位/43人

第1回 JBCF 奈良クリテリウム E3-1に参加してきた。結果、12位/43人。
鴨川同様今年初開催の奈良クリテリウム。公開されたコースマップとネットから伝わる情報はヤバげな雰囲気がプンプン。E3の出走は午後で、お昼に試走時間も設けられていたので、監督会議などは前日入りした監督らにお任せして自分は当日移動。
会場は奈良県大和郡山市と川西町の境、、、って関西の地理に明るくないので全然わからん。品川始発の新幹線に乗って京都まで2時間。京都で近鉄線に乗り換えてさらに1時間。家から駅までとか乗り換えとか諸々含めて4時間。遠い。到着するころにはこしいたい。
受付済ませてチームメイトらと合流してE2、E1のレースを観戦。1周終えてホームストレートに入ってくるとぐいーんと車列が伸びてる。。。前は45km/h程度しか出してないだろうけど、後ろのほうはギャップ空き気味でフルもがき。これ絶対つらいやつだ。最終周回には小集団でのゴールスプリント。結構なサバイバルレースになりそう。E1が終わったので試走へ。
コースは1周2.8km。ホームストレートは対向2車線でわりと広め。クランクを抜け、緩く左へ曲がっていき、再びクランクを抜けると川沿いのサイクリングロードに出て道が細くなる。サイクリングロードを下りながら左に逸れて、5回ほど直角コーナーをこなして再びホームストレートへ戻る。路面は概ね荒れ気味。序盤のクランクがブラインドコーナー抜けてすぐカクカクと曲がるのと、サイクリングロード終わりにイン側が狭められているのがイヤなところ。あとは直角コーナーではブレーキング減速からの立ち上がりインターバルは免れないかんじ。試走なしだと面食らうだろうが、危なさそうなところが分かっていればどうとでもなりそう。
E3はフェミニンとPの決勝のあとなのでまた待ち。とはいえ、検車して駄弁ってたらわりとすぐ召集。Pのレース中からぽつぽつと雨が降り始める。。。
E3-1はチームからは今回はじめましてのフクシマさん。他に知り合いはUKYO Reveのヤマグチ選手、あとは関西勢なので誰が強そうとかはわからず。とりあえず知っている2人についていこうと決める。
最初はローリング。クランクを抜けて緩く左へ曲がっていくところでリアルスタート。ダッシュで前に上がりサイクリングロードへ。と、その入り口でリアが滑る。後ろから怒鳴られる。ゴメンナサイ。もうちょっと減速しなきゃダメだな。立ち上がりインターバルがキツいからと言って減速サボっちゃダメ。ただ安全にコーナー処理しようとすると被せられてずるずる後退しちゃうのはどうにも下手。集団後方で1周目を終える。
後方にいるといつものごとくジリープアーなので前に上がらないと。事前にサイクリングロード部分はポジション上げやすいと聞いていたので、手前からじわじわと位置上げてサイクリングロードでジャンプ。ここは狭いといえば狭いのだけど、E3だと車間ガバガバなので抜けるところがないということはない。フクシマさん見つけたので後ろにつかせてもらう。
3周目は集団絞れてきたのかわりと走りやすくなってくる。ただ、少しライン変えると「うぉおい!」と怒鳴ってくるひとがいて鬱陶しい。。。煩いので「ゴメン!」と怒鳴り返して先に行ってもらおうとするがこのひと立ち上がりが遅い。のでパス。その後フクシマさんの後ろについて走るが、ホームストレートに向かうカクカクゾーンでフクシマさん中切れ。。。心の中で「ゴメン」と謝りつつパス。
4周目最終周回、ヤマグチ選手の後ろにつかせてもらう。最後までついていければいいポジション取れるかもという目論見。しかし思ったより集団絞れていない。ポジション争いで落車起きなきゃいいんだけど。と思っていたらRuedaNagoyaのひとがアタック。集団反応するか?と思ったら何故か静観。しかしじわじわと詰めるかんじ。直角コーナーが連続するカクカクゾーンでは、落車が起きたら即避けられるように神経張り詰める。が、落車なく集団はホームストレートへ。逃げも吸収。ホームストレートに入ったところで、目測で前に15人くらいいそうなかんじがして自分はゴールスプリントに参加せず。先頭から3秒遅れの12位でゴールだった。
正直完走も覚束ないと思っていたので意外な結果だったが、あと3人抜けばシングル順位だったんだから最後までもがけよおれ。
次の実業団レースは石川ロードレースです。

第1回 JBCF ブルークリテリウムin鴨川 E3-4 18位/37人

第1回 JBCF ブルークリテリウムin鴨川 E3-4に参加してきた。結果、18位/37人。半数が足切りDNFとなるサバイバルレース、自分は最終完走者だった。

前日のTTは1.3kmを1分52秒、Ave 41.49km/hで78位/100人と惨憺たる結果。正直ポイント目的とはいえ、こうレースを楽しめるレベルにないとやる気なくなってくる。今回のクリテリウムは実業団レースにしては人数少なめなのですこしは狙い目かと思ったのだが。。。

初開催である鴨川クリテのコースは、鴨川市の陸上競技場やらサッカー場やら野球場やらがある総合運動施設の中の道を繋いだ1周1.3km。テクニカルなコースというわけではないのだが、直線がほとんどない緩いカーブの連続のため、中速域から高速域のインターバルがかかり、中切れが起きまくり。

自分が出走するE3-4はこの日最後のレース。E3は4組あったが、どの組も落車と足切りDNFで完走率がひどかった。スタートしてバックストレートまでローリング。ローリング解除直後のホームストレートへの直角コーナーで横のほうでいきなり落車。。。自分には影響なかったが萎える。ホームストレートからのコーナーも落車ポイントだったため、安全に入ろうとしすぎて最後方へ下がってしまう。後方にいたらインターバルがキツくてジリープアー(徐々に不利)なのはわかっていたのだが、弱くて前に上がれない。後方インターバルをこなしていると、序盤だというのに早くも自分の前で中切れ。。。インターバルからさらにブリッジを架けるが、ブリッジを架けた後も全然休めない。。。集団はそれほど速いというかんじでもなかったのだが、周回を重ねる毎にピタリと後ろにつけなくなっていく。キツすぎて後ろから埋めてもらったりしたが、埋めてくれたひともそのうち消えていく。ついに11周目くらいで集団から千切れてしまった。同じ周回で千切れたRIDE Freaksさん、YouCanさん、なるしまさん、竹芝さん、自分でローテを回す。最初は上手く回らなかったが、長く牽かないように声掛けして少し回るように。集団は1周1分45秒くらいで回ってるため、恐らく1分遅れたら降ろされてしまう。最大40秒までギャップが拡がって焦ったが、無事最終周回まで降ろされずに済んだ。あとはバックストレートまでがんばって、もはや完走ポイント以上は貰えない順位だと思ったのでグルペットから離れてゆっくりとゴール。最終完走。集団から遅れて走りきれたのは自分たちのグルペットだけだった。

とにかくいろいろダメ。体調悪いから高強度練もやりきれないしどんどん弱くなってるのがわかる。ちゃんと整体とかに通って身体のケアをしないともう限界だな。

次の実業団レースは奈良クリテリウムの予定です。