チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

大磯クリテリウム第4戦

http://instagram.com/p/kvWJFVI4HQ/

 

大磯クリテ第4戦に出てきた。

前回と同じく3時起床、5時少し前に家を出て大磯まで65km自走。風は穏やかだけど気温は低め。東京は2週連続の大雪でしばらくちゃんと乗れていなかったせいでからだが重い。実際、体重も普段より1kgくらい重い。グロス20km/hペースでちょっとまったりしすぎてしまったのでR134に出てから40km/h維持で頑張ってみる。意外と走れるな、と思ったけど大磯着いたら脚がだるい。。。踏みすぎたか。

試走タイムに余裕で間に合ったので10周くらい走ってみる。今回は東寄りの風が強くバックストレート側がひどい向かい風。単独だと下ハン持っても33~34km/h、上ハンに前腕を置くなんちゃってTTフォームでも40km/h弱。こりゃー逃げるの無理だなー、横風でハンドル取られるひとに注意だなーと思いつつ試走終了。

今回は2組目なので前回より待ち時間が長い。子どもクラスが走っているのをぼーっと見ていたらシクロワイアードのひとに声かけられて自転車写真撮られた。チタンバイクで出ているひとは自分くらいなので声かけたんだろうけど。あとから考えると写真なんか撮られている場合じゃなかった。浮ついてたのかもしれない。

 

風が強くてからだがどんどん冷えてくるので軽く会場外を走ってると急におなかが空いてきた。まずいなーと思いつつ集合時間が近づいてきたので会場戻る。集合開始してたけどやっぱりおなか空いてるのでゼリー飲料取りに行って急いで飲む。そしたらトイレ行きたくなってしまったためまたまた急いで行ってくる。戻ってきたらコースインするところ。遅くなってしまったせいでイン側後方。位置取りからしてすでに失敗。この失敗がのちのちまで響くことに。。。

 

ローリングスタートで前目に出ようとするがイン側に位置どってしまったため最初のコーナーでもイン側。集団のまっただ中のせいで自分のラインが取れない。怖い。とにかく走りにくいので余計な脚を使って前方に出てみると一人逃げていることに気づく。しかしながら集団は容認モード。この風では逃げ切れないだろうという判断のよう。正しいんだけど、だけど。この時一緒に逃げる判断をしていれば着順絡めなくても後悔しなかったかもしれない。

 

集団は始終スローペース。直線で団子状態、抜けようと足掻く、コーナーでいいラインが取れなくてイン側大きく減速か外側大回りかで立ち上がりに脚を使う、の繰り返し。5周目くらいで中切れを起こしそうになって必死に追ったらふくらはぎにつる前兆。普段の蹴りだすペダリングではなく踏み込むペダリングになっていたようだ。そういえばおしりも痛い。フォームがめちゃくちゃだ。。。このあたりになると集団も少し絞れてきたのでそれほど怖い思いはしなかったけれどもう脚が終わっていたので集団の中で水分取りながらだましだまし走る。周回数気にする余裕もなく最終周を告げる鐘が鳴らされたのを聞いて10周目だと気がついたくらい。やばいと思って踏み始めるもすでに遅く。結果12位。

 

第1戦の初参加初レースのときくらい余裕なかった。第2戦で5位、第3戦で6位とそこそこ良い成績出したので気が緩んでいたのかも。前回ビギナークラスは下ハン持っているひとが少ないという指摘があり下ハン持って走る練習したおかげで積極的に下ハン使えたんだけど本番では気ばかり焦ってフォーム崩れたせいであまり効果なかった。次回は3/9最終戦。2週間しかないので改善できる余地はあまりないけれど納得いく走りをしたい。