読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

大磯クリテリウム第5戦

http://instagram.com/p/lTZI4-o4KE/

大磯クリテ第5戦に出てきた。

第4戦から2週間後に行われた第5戦。第4戦では悔やむ走りだったのでガンガン練習したかったものの、天候が悪く距離走れずちょこちょこ短い距離を乗るだけになってしまった。最初は悔しさをバネに高強度で心拍数高めに追い込んで走ってたものの前回フォームがかなり崩れていたのでなるべく踏まずに綺麗に廻すことを意識する方向に変更してみた。

前回とバイク周りに変更はないものの、装備はちょっと変更。

うん、シューズはともかくエアロシューズカバーとエアログローブ使っても効果薄いよね。。。まあお守り的に導入してみた。シューズは今年初めに購入してたものの今まで使っていた普段使い用シューズのときとサドル高が変わってしまうため導入に踏み切れず放置してたんだけど、普段使い用シューズも買い替えたので本格導入。アウトソールはグラスファイバー強化ナイロンなのでガッチガチではないものの自分のパワーでは撓む感じはない。ロードなのにSPDなのはクリートの寿命。年間12,000km走る自分でも1年以上もつ。あとペダルがロード用SPD(PD-A600)ならそれほど踏み面の大きさに不満がないから。

事前にスタートリストを確認。今回もビギナー1二組目。出走人数は過去最大の46名。前回までのリザルトを確認したところ上のカテゴリから降りてきた人は少数。どちらかといえば最終戦ということで全戦参戦してきた人は今までより上のカテゴリにエントリーして自分の実力を試そうとしている印象(そのせいかミドルクラスが多い)。その代わりビギナー1は初参加者が多く、二組目の場合1/3程もいる。残りはピュアビギナークラスから上げてきた人と今までビギナー1クラスで走ってきた人たち。

レース展開の予想としては、理想は第3戦のようにアタック合戦になって集団が絞られてDNF続出な展開がいいのだけれど、上のカテゴリから降りてきた人が少なく、初参加者が多いことから、第4戦のように誰も前をひきたがらず集団が横に広がって遅いペースで進行する展開が考えられる。団子になった集団の中にいた場合は前に出られずインターバルのたびに脚を削られ最悪の場合落車に巻き込まれることもあるから集団に埋もれることは避けたい。そこから考えると、風除けにされることは覚悟の上で先頭に出るのが一番。先頭にいればカーブで自分のラインを取れるしアタック仕掛ける人がいても反応しやすい。本当は自分が逃げ仕掛けて展開を作るのがカッコイイのだけどそこまで強くない。。。

 当日はいつもどおり3時起き5時出発で65km自走。100kmくらいは近所とはいえ毎回レース前に65km自走はだるい。でもクルマの免許ないし輪行も避けたいので仕方なし。8時には会場に到着し試走。今回も東寄りの風で海側バックストレートが向かい風。しかしそれほど強風でもなく下ハン持って頭を下げて踏めばそこそこ加速できそう。

試走後は前回の反省でおなかが空かないようにコンビニでおにぎりとゼリー飲料を買って食べておく。そしてピュアビギナークラスとビギナー1一組目を観戦。風は冷たいもののだんだん太陽が出てきて暖かくなってきた。

二組目召集がかかりアンダーウェアが汗臭いのが気になるので気合で半袖ジャージにアームカバーにする。コースインし外側前目で並ぶ。ローリングスタート。半周は先導のオートバイを追い越してはいけないだけでいつもは集団内で位置取りしはじめるのになぜか今回は速度が遅い。なのでアクチュアルスタート後田島レーシングの子(だと思う)と2人飛び出した形になってしまった。まあ元々先頭に出るつもりだったからいいやとそのまましばらくいく。集団は追い付いてきたけど案の定先頭交代は少なめ。アルゴスシマノジャージの子が「前引きます」と言って交代してくれたりしたけれどあんまりローテーションが回らない。3周か4周する頃後ろ見てもあまり集団がバラけている様子もなくだんだんだるくなってきたので手で先頭交代を促す。そこから後ろに引っ込んだり前に出たりしているうちにだんだん集団のペースが上がり前に出られなくなっていく。8~9周回目辺りではもう集団の中で水飲んでたりしていてラストもスプリントする脚はなくシッティングのまま20位でゴール。まあレース展開を作るのは実力不足だったってことっすね。。。

いつもはここでレース終了で適当に帰るところなんだけど、今回は大磯クリテ今シーズン最終回ということもあり午後のビギナー2にもエントリーしていた。一日に2レース走るのははじめてだったけどいつも自走で帰っているしたぶんイケるだろうと思いチャレンジ。

ビギナー2二組目は29名エントリーで28名出走。ビギナー1より人数少ないので集団内でもあまり密集していなくて走りやすい。午前中のレースでは前を引きまくって疲れたのでここでは遅れない程度に人の後ろについて前目で走る。数周しているうちに、バックストレート側がどうしても集団の速度が落ち気味になるのだけれど、ここで少し踏むと前に出られることがわかる。向かい風の中下ハン持つ練習した成果だろうか、途中半周ほど前をひくことができた。ラスト周回、午前のレースより脚が残っていたので1コーナー後バックストレートで踏んでポジションをあげていく。が、バックストレート真ん中らへんで前に追いついてしまうのだけれど、位置取り失敗していてそこからイン側もアウト側も出られない状況。一番スピードが乗るところでペダリングを止めざるを得ず、2コーナーを抜けた後もスピードに乗らず結果13位。

自分としてはいつもより上のクラスでちゃんと走れたので目標達成ではあるのだけれど、最後の最後で経験不足が露呈した感じ。もっと速くなるには、ぼっちで追い込んで走るだけじゃなく他人と練習する必要があるんだろうなあ。。。

その後ミドルクラスとエリートクラスまで見て自走で帰宅。大磯クリテリウムは最初こそ運営の不慣れな感じがあったものの、スタッフさんたちの感じもよくて初戦から最後まで楽しめた。次シーズンも開催予定ということでできればまた参加したい。

しばらくはレース参戦ないので、今後は大阪→東京キャノボに向けてロングライド練習。少しは速くなっているだろうか。。。