チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

大磯クリテリウム 2014-15 第1戦

大磯クリテリウム2014-15第1戦に参加してきた。結果、ビギナー1クラス2組目に出場して53人中5位。表彰台(3位以内)が目標だったけどだめだった。

当日の天気はときどき曇るけれど晴れ間も多く気温は暖かめ。レッグカバーやアームウォーマーは要らないくらい。風はほとんどなく試走時に軽くもがいたら50km/h出たのでスピードレースになりそう。路面はウェットだったけどレース時にはほぼ渇いてた。

今回のレースにあたって予め考えていたのは、

  • 50人もいるから先頭を位置どる
  • 大体40km/h維持で遅くもなく早くもない集団のペースをつくる
  • アタックがかかったらブリッジする
  • 最終周回はバックストレートから最終コーナーまでがゴールスプリント

ということ。概ねその通りに実行できたけど、、、。

で、レース本番。ローリングスタートから先頭をキープ。リアルスタートでも変わらず。40km/h程度維持で黙々と踏む。まあずっと先頭牽くのも疲れるので半周くらい牽いたら合図して先頭交代。ほぼ先頭なのでコーナー立ち上がりのインターバルが全然キツくない。後ろからペダルヒット音がいくつも聞こえてちょっとこわいけど。そんなかんじで前半は平和に。

後半、数人が後ろから飛び出してくる。とりあえず最後尾につく。でも結構なハイペース。。。千切れるほどではないけど気を抜くと差が開きそう。ってよく見たら前の人千切れかけてるやん! 図らずもそこでブリッジかけて中切れを埋める。心拍数は一気にMAX。あとは千切れないように心折れないようにひたすら踏むのみ。最終周回前はさすがにペースが落ち着いたけれど最終周回のジャンとともにペースがまた上がる。バックストレートでもがきたいからその前のホームストレートで前に出ておこうとするがイン側から上がることになってしまい失敗。。。最終周回の小田原側コーナーでがっつりブレーキかける羽目に。番手を落としたしひとり先行してるしああもうあかんかな、と思ったけどとにかく予定通りバックストレートでフルもがきでガシガシ抜いていく。だがしかし。ワイ○ロードのひとと高校生の子が鋭いアタックをキメてきて最終コーナーは4番手で突入となってしまい表彰台はもう無理だなと悟る。すっかり諦めてスプリントとはとても言えないダンシングで半分流しながらゴールを目指してたら更に1人抜かれて5位でフィニッシュ。

病み上がりのわりには調子悪くなかったんだけど、やっぱパワーが足りないんかなあ。体重軽いし。40km/hはシッティングでキープできるけど、43km/h、45km/hってなっていったときダンシングをせざるを得ないという…。

やっぱ筋トレ必要かな。あとはパワーメーターほしい。客観的に出力を知りたい。

わかってたことだけどやはり速度的な不得手があるのでそこをもっと鍛えなければならぬ。

次戦こそ表彰台乗るぞ!と意気込んでみたけれど、今回の大磯クリテリウムはバイクの盗難があったりミドルクラスで集団落車があって中止になったりとどうも不穏な雰囲気。昨年が好評すぎて参加者がぐっと増えたとかいろいろあるんでしょうけど…。とりあえず次回開催は未定の模様なので行田クリテリウムを検討しようかな。。。

 

追記

6位でフィニッシュした方がYoutube車載動画をアップされていたので貼り付け。先頭は危ない感じはなくて平和だったんだけど、集団の中は結構カオスっすね。落車シーンもあり。13分30秒辺りからイン側でアタック決めてる二人が明らかに勢いあってそれに続いて4番手でコーナーに入ってるのが自分だけど、これは脚ためてても難しかったかなー。。。