読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャウチャウちゃうでパンダやで。

大阪から東京まで24時間以内で自転車で走りたいひとのブログ。

2015 JCRCロードシリーズ第4戦 in 日本CSC(修善寺) Cクラス

レース

2015 JCRCロードシリーズ第4戦 in 日本CSC(修善寺) Cクラスに参加してきた。結果、20位/47人。またもや話しにならず、こんなレースレポートを公開するのも恥ずかしいが、記録として残す。

ここのところレースで勝負に絡めておらず、今度こそやってやるぞ、と思っていたのだが、6月14日のCSCクリテリウム第3戦は雨のためDNS。翌週のJCRC第4戦も雨予報だったので前日までDNSのつもりだった。しかし、天気予報がころころ変わり、当日朝の予報では午前中のみ雨マーク。雨のクリテリウムだと転ぶイメージしかないが、修善寺のコースだとテクニカルなところはないし、レースは昼からだし、降ったとしても小雨がパラつく程度だったらいいかな…と思って、土壇場で参加することに。

いつも通り三島まで輪行。三島駅から修善寺CSCまで自走。このときは曇り。路面はところどころウェットだったものの、乾いている箇所もあり、走行には問題なし。早めに到着したので売店のある建物のなかで休み、受付時間が近づいてきたのでそろそろ下に降りようかな、と外に出ると本降りの雨。。。ギリギリまで建物の軒下で待機するが止む気配はない。帰ろうか迷ったが、この雨じゃ帰るのもずぶ濡れになるんだしせっかく修善寺まで来たんだし、、、と思って受付を済ませて、軽めにアップ。ギリギリまで雨宿りしていたため試走はなし。

12時スタートのEDクラスの2分後、Cクラスがスタート。47人出走と多めだが、修善寺だとコースが広いため、むしろ少なく感じる。1号橋まではローリング。最後尾でゆっくり降る。ホイールはエグザリットリムなのでウェットでもそこそこ制動性よいのだが、普段雨の中を走らないためどれくらい攻められるのかわからず。1号橋を過ぎて登りに入るとアクチュアルスタート。フロントアウターのまま楽に登れるので脚の調子は悪くないようだ。スルスルと真ん中より前のほうに上がって長い下りに突入。と、ここで早くもシューズが浸水。おそらく水たまりの水をかぶったのだろう、滲みてきたというレベルではなくチャポチャポいいそうなくらいぐっしょり。心が萎える。

気を取り直して前のひとの後ろに着こうとするが水飛沫がひどい。前が見えない。下りで切れても2号橋を渡って登りに入れば先頭集団に追いつけると考えていたので安全に降るが、実は自分の前のほうで盛大に中切れ。秀峰亭への登りを登る先頭集団はすでに30m以上離れており、ここでやるべきことは全力で踏んでブリッジかけることだったのだが、自分はそれをやろうとすらしなかった。。。

まさかの1周めでレース終了。遅れた後方集団も早々にバラけ、あとは脚力の近い4人で抜きつ抜かれつ。今自分が何位なのかわからず、雨粒でGarminの画面が見えなくてどれくらいの負荷で走っているのかもわからず、レース的な走りをすることなく淡々と46分走ってゴール。

何しにきたんだかなーという気持ちでいっぱい。雨のレース経験がなかったというのもあるけど、それにしてもレースになっていない。最近の自分はスロースターター気味になっていて、最初にガツンと強度が上がると、エンジンがかかる前にレースが終わってしまう。それは多分苦しい思いをしたくないという感情がどこかにこびりついているのだと思う。薄々そのことに気づいていて、どうにかしなければと思っているのだけれど、いったいどうすればいいのか。。。

次戦のJCRC群馬は業務都合で参加できなさそうな見込み。次はいつ参加できるかな。。。今年中にBクラスに上がりたいとか思っていたけれど、今のままではとてもじゃないが無理。

しばらくはCSCクリテリウムを中心に、参加できそうなレースがあれば参加していくつもり。勝負に絡めれば精神的に変わるかもしれないと思って、できるだけレースに参加していきたい。