読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャウチャウちゃうでパンダやで。

大阪から東京まで24時間以内で自転車で走りたいひとのブログ。

2016 JCRCロードシリーズ第1戦 in 日本CSC(伊豆修善寺) Bクラス 9位/23人

レース

2016 JCRCロードシリーズ第1戦 in 日本CSC(伊豆修善寺) Bクラスに参加してきた。結果、9位/23人。

JCRCについては今年から昇級規定が大幅に変わってしまったこととほぼ修善寺と群馬での開催のみとなってしまったことでもう参加しなくてもいいかなーと考えていたのだが、先日のウインターロードがあまりキツくなくて練習にならなかったので急遽参加を決定。勝ちを狙うとかそういうのよりも登りでついていく練習がしたいのでBクラスでエントリー。スタートリスト見るとBクラスだけど去年Cクラスから上がったひとたちが多く、去年のCクラスの先頭ペースくらいかなーと予想。

当日の朝は都内はかなり曇っており雪も降ったようだが、静岡のほうは晴れ。しかし東寄りの風が強く体感は寒い。JCRCは正周りなのであまり風は関係ないかな。Bクラスは10時36分スタートなので朝ゆっくりできてよかった。ゆっくりできたのはよかったが、三島から修善寺までの自走中にパンクしてしまい結構ギリギリに着く羽目になった。まあアップは万端。受付を済ませ、ジェルを飲んで、おトイレで用を足したらもう招集。23人しかいないので焦って並ぶ必要はないので後方に並んでスタート。

最初からアゲアゲだとキツいなあと思いながら1号橋を登り始めて程なくリアルスタート。思ったよりガツガツ行かない。自分はBクラスの中では下の方だろうし集団の中で極力脚を使わないことを意識して過ごす。先頭付近を見ると慶応大のひとたちやチームPOTATOの子、VIVACE掛川の子など若い衆がちょこちょこアタックしている。が、自分はガン無視。集団のペースが上がるなら一緒に頑張らないといけないけれど、アタックでペースが上がるかんじでもなかったので…。結局3周目まで1周9分半くらいのそれほど速くないペースで集団はあまり絞れず。

4周目から先頭付近がペースアップ。ペースアップといっても全力で踏まなければならないほどのペースではなかったのだが、秀峰亭までの登りの途中で中切れ発生。。。結構ギャップがあいてしまったがここで一緒になって千切れるわけにはいかないので必死でブリッジ。ホームストレートへ向かう下りの途中でようやく追いつく。だいぶ脚を使ってしまった。

ホッとしたのも束の間1号橋からの登りでもペースは下がらず。ここはついていけたものの5周目の秀峰亭への登りでだんだん後ろに下がってしまう。この登りでは自分の前にVIVACE掛川の子がいて、この子が強いことは知っていたので引っ張ってもらおうと考えていたのだが、この子も徐々に遅れ始める。やっぱ他力本願はダメだよねってことでパスして集団を追うが4周目のようにいかない。見える範囲にいるのだが追いつけないかんじ。。。結局最終周回である6周目に入るところで決定的に千切れてしまった。

最終周回は前に集団が見えるものの追いつける距離ではなく後ろに誰もいないので心が折れてだいぶペースダウンして単独走でゴール。

登りの練習を全くしていないわりには結構ついていけたものの、4周目のブリッジのあとに回復できずに終わったかんじ。ペース走なら問題ないレベルではあるのだが、ロードレース的に上げ下げがあったらもっと早く脚が終わっていたかもなあ。あとは千切れるようなひとの後ろにつくのはダメなので、集団にいるときももう少し前目に出ないといけない。それくらいの脚はあったはず。集団ゴールできたら合格かなーと思っていたけれど、今日の結果だともうすこしがんばりましょうだなあ。

JCRCの次戦は、JBCF対策で群馬に出る予定です。