チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

第8回JBCF群馬CSCロードレースDay-2 E3-2 34位/104人

第8回JBCF群馬CSCロードレースDay-2 E3-2に参加してきた。結果、34位/104人。

当日は6時起床。前日21時に寝たので9時間睡眠。相変わらず喉の痛みとリンパの腫れが気になる。2日めのE3のレースは一番最後のためのんびり。朝風呂入って、美味しい朝食をいただいて10時チェックアウト。シーズンオフのためか、随分広い部屋に1人で泊めてもらえたし、ご厚意で自転車を土間に置かせてもらえたし、おみやげに自家製のお米をいただいたりと良い宿だった。次回泊まるときもここにしたい。

www.page.sannet.ne.jp

前日落車したチームメイトが、身体の調子次第で今日出走するか決めるということで一緒に赤谷湖側から県道272号を登る。速え。。。というか自分が遅え。大丈夫そうとのことで、本日のレースはチームから3名で参加となってやる気が出てきた。

E3-2は16時15分スタートの予定が遅れに遅れて16時43分スタート。今回は無事一発でクリートキャッチ。2列目真ん中らへんに並んでスタートしたけれど、ローリングなので群馬の場合そんなに頑張って前に並ぶ必要はない気もする。アクチュアルスタートでペースが上がっても落ち着いて付いていく。2日めなので強度が上がるところは分かる。後方インターバルがキツいところは、ヘアピン抜けたあとと心臓破り坂を越えたあとの下りからの登り返し。心臓破りの坂はアウターのまま踏んでクリア。2周めの後方インターバルがキツいところで中切れしかけたが根性で埋める。集団の尻尾に掴まったあともアップダウンで踏まなければならないのでしんどかったが、3周めに入ればペースが落ち着くはずなので耐える。案の定3周めに入る手前でペースが落ち着く。逃げができているのは見えていたが、自分の実力ではブリッジ掛けるとか吸収掛けるために動くというレベルではないので、集団後方で振り落とされないようにしがみつくだけ。チームメイトも集団にいるので付いていくかんじ。心折れそうなときもチームメイトの背中が見えていたのでだいぶ頑張れた。

最終周回、集団の人数は40名以下に。脇腹が痛い。自分もつらいが、周りを見ると息を荒げているひとや明らかに垂れているひともいる。心臓破りの坂では前のひとをパスするときイン側しか空いておらずライン取り失敗。アウターローで登り切る。呻き声を上げながら登り返しで集団最後尾にくっつくが脚が終わった。。。バックストレートを過ぎて踏めなくなり、ゴールスプリントに向けてペースの上がる集団を見送り、ホームストレートは流してゴール。逃げた2名からは33秒遅れ、メイン集団からは14秒遅れの34位だった。

2位も100位も同じっていうひともいるだろうし、16位以降は完走ポイントだけだから何位でも一緒なんだけど、2日めは出し切れたから個人的には満足。自己満足だけど。ガンガン動いて最後まで先頭に残ってゴールスプリントできれば最高なんだけど、道は遠いな。今年はそれができるようになりたい。

次回の実業団レースは鴨川TTとクリテリウムです。