チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

2017年 第2回東京都ウインター ロードレース大会 クラスC 2位/36人

2017年 第2回東京都ウインター ロードレース大会 クラスCに参加してきた。結果、2位/36人。

昨年12月に落車してからずっと調子が悪く、行田クリテ第3戦は急性胃腸炎でDNS。第4戦はニュースになっていたとおり死亡事故で中止。絶不調だった行田クリテ第2戦以来のレース。正直どれくらい戻っているのかわからず、時季的に登りの練習もやってないので上のクラスで戦えるレベルじゃないだろうなあと思ってクラスCでエントリ。クラスCなら最後まで残れるだろうから、どう動くか。スプリントになったら負けるに決まってるので、そうならないようにと考えていたのだが…。

当日は晴れ。風も穏やかだし一時期のような強い冷え込みもなくだいぶ暖かい。修善寺駅まで輪行してCSCまでアップがてら自走。修善寺駅からCSCまで8kmほど登るんだけど、これくらい登るのも久しぶりでしんどい。体重が落ちてるせいでパワーも出てないし…。ただ、腹筋とふくらはぎの筋トレやってるおかげで体幹が安定している気がする。アップなのでケイデンス上げてみたりダンシングで踏んでみたり。会場に着いてチームメイトと試走。今回の修善寺は逆回り。登りやってないから下りも下手になってる。まあ修善寺はコース広めで怖くないので楽しい。

レースはクラスA、クラスJ、クラスBに続いて定刻通りスタート。横浜高校の子が飛び出し、それに追随する数名。初っ端から速い…。元々ここは上げていくつもりでいたけど結構なハイペース。秀峰亭から下って2号橋を越えてだらだら登りに入るところで3名しかおらず、逃げが決まった?と思ったがさすがに集団が追いついてきた。でももう10人ちょっとに減ってる。

2周目はペースが落ちる。あのペースのまま行ってたらヤバかったが、クラスCでそれはないか。集団はローテ回すというかんじではなく、上げられるひとがどんどん前に出る状態。つまり上げ下げあるので地味にしんどい。だいぶ脚を削られる。

3周目のホームストレート、結構脚にきていて千切れたい気持ちに抗う。こういう緩い登りのほうが体重軽いのを活かせないのでキツい。秀峰亭までちょっとずつ位置下がりながら下りに突入。下りで踏めずに危うく千切れそうになる。だらだら登りで追いついて首の皮一枚つながる。登りに入ったら何故かつらくなくなって前に出られるようになった。フロントアウター52Tのまま登れているし。謎。

4周目最終周回。ホームストレートのアナウンスでは集団8名って言っていた。ファーストアタックについていけたひとが残ったかんじか。勝負どころはだらだら登りと考えていたのでそこまでは集団に潜む。ペースは上がっているけれどついていくには問題ない。だらだら登りに入ってキューブのひとが先行。ただ逃げ切れないだろうなというかんじ。勾配が一旦緩くなる辺りで捕まえたらカウンターかなと考えていたが、思ったより早めに吸収してしまう。。。カウンターに反応して位置取り。ここで耐えて勾配が一旦緩くなるところでアタック!…がキレがない。後ろについているのがわかり、ピークに入る前に捕まって3番手で下りへ。あーもうこれはゴールスプリントか。下りで前に出ずに回復させて軽いギアで藻掻くか。3番手のまま下りきって登りスプリントへ。去年はギアが重すぎて踏めなかったので早々にギア落としてケイデンスを上げる。横浜高校の子がスプリント開始。反応して腰を上げる。が、明らかに横浜高校の子のほうが勢いある。後ろにすらつけねえ。だんだん遠くなって勝利を確信して手を挙げる横浜高校の子を見ながら最後まで踏んで2位でゴール。

やっぱりスプリントになったら負けだった…。スプリント力ないひと同士だったら分があったかもしれないけれど、最後のだらだら登りで振り落とせなかった時点でお察し。まあ絶不調からは脱したといえるかもしれない。もっと自由自在に動ければなあ…。

次戦はJBCF宇都宮クリテリウムとロードレース。もう実業団レースシーズンインか…。時間が足りなくて焦る。f:id:thirdman:20170226181524j:imagephoto by 石神くん。

髪伸びた。