読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

第1回JBCF宇都宮ロードレース E2 76位/110人

第1回JBCF宇都宮ロードレース E2に参加してきた。結果、76位/110人。

今年から宇都宮クリテリウムとセットで開催されることとなった宇都宮ロードレース。コースはジャパンカップでおなじみの鶴カントリー倶楽部の周回6.4km。登りはゴールに設定されている鶴カン入り口?までのところがキツいが、それほど長くなく力押しできるかんじ。その他はアップダウンが多く、一箇所逆バンクの鋭角コーナーがあり、そこがややテクニカルだが、全体的にはジェットコースターみたいなコース。自分が走ったことあるコースとしては、群馬CSCとかが近いのかな。登りはなんとかなるだろうから、下りと平坦部分の位置取りが肝心と思っていたのだが…。

E2にはチームからは前日昇格した森栄さんを含め4名が出走。チーム戦ができる人数ではあるのだが、個人的にはアシストできるかすらあやしいので、1周目は前で展開、2周目は耐えて、3周目は虫の息、4周目最終周回の登りで千切れるくらいで行ければいいかなといった弱気なかんじ。

アップがてら1周だけ試走してさっさと並ぶ。おかげで今日も最前列。周りには知り合いが多くて和やか。クリートキャッチもミスらず幸先良いスタート。序盤の平坦では先頭に出て牽く。ここが本日のハイライト。コーナーをふたつ曲がったあと登り区間へ。前目で入れた。登りの序盤は緩やかだが、少し下ってS字カーブを抜けるとキツい登りになる。1周目だしガンガン踏んで登る。パワー見ている余裕ないが体重6.5倍といったところ。思ったより低いが体感はかなりキツい。この登りを4回(あと3回)もやるのかと思うとうんざりする。1周目の登りでごっそり人数減ったようだ。ピークを過ぎるとハイスピードの下りへ。ここで千切れる可能性が高いと思っていたので必死で前についていく。軽量級の自分は下りでも結構踏んでいないと置いて行かれそう。そして、鋭角コーナーからの登り返しがめちゃくちゃキツい。なんとか先頭集団に残れたまま2周目へ。

平坦部分でなるべく回復させて登りに備える。チームメイトが集団のなかにいたので後ろにつかせてもらう。そして2回めの鶴カン登りへ。ペースが落ちることを期待したけど1周目と変わらない。体重6.5倍出さなければならないのだが、6倍前後しか出ていなかった。当然の如くピーク付近で遅れる。ヤバいヤバいヤバいと思って下りを全力で踏むがあと数メートルが届かない。集団から同じように千切れかけて追走しているひとが前に出たので後ろにつかせてもらうが、このひとが鋭角コーナーでオーバーランしそうになって自分も減速。ここで気持ちが切れて集団からも完全に千切れる。あとは単独走をしばらく続け、グルペットに飲み込まれ、前から落ちてくるひとたちを吸収しつつ、さらにグルペットに追いつかれたりしながらサイクリング。先頭から遅れたらもうレースする気にはならず、グルペットのローテには加わるものの順位はもうどうでもよく、最後の登りで掛けていく集団を見送りながらゆっくりとゴール。

登りでパワーが出ていないのが致命的だった。斜度とか距離は違うけれど、練習では同じくらいの時間を体重6.5倍くらいで踏めているのだが。2周回目ですでに疲れているのはスタミナ不足だろう。E2で走るには力不足を痛感。

次の実業団レースは堺クリテリウムの予定。少し間が空くのでそれまでになんとかしないと、、、レース楽しめない。