読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

2017/4/2 雛鶴峠/道坂峠 ロング練

5時起床。ロング行くから朝ごはんしっかり食べようと思っていたのに昨晩食べ過ぎたか胃が重い。朝ごはんはあきらめてレッドブル注入。今日は山のほうへ行くのでジャージのチョイスに悩む。平坦部は暖かそうだけど、山のほうはどうかな。大垂水峠のライブカメラ見ると雪なさそうなので心配いらないかな。
6時15分出発。矢野口に7時半集合だけど遅れたくないので少し早めに出る。R246は快調に走れたけど、多摩サイは向かい風で進まなかった。それでも7時15分ごろ到着。1番乗り。
今日の参加者はFORCE2名、Caid2名、パラティアム3名。脚力としてはE1 1名、E2 3名、E3 1名、未登録2名(うち1名はJCRC SAクラス)というかんじ。
なんだかんだで7時50分くらい出発。まずは尾根幹で町田方面へ。メンツがメンツなので登りでもちょこちょこペースアップがかかるが、昨日実走できてないので脚が軽く問題なくローテ入れる。序盤なので空気読んでアタックはしない。しかしE3 1名と未登録1名が遅れがち。気持ちよく進んで町田街道へ。町田街道は混んでいるのでクルマに迷惑かけない程度のペースで。途中で皇居練でたまに一緒になるひとに会ったりするハプニングもありつつ、R413へ。
R413をまっすぐいくと津久井湖左岸側を通ることになるが、FORCEの練習で使っているという右岸側へ寄り道。適度な勾配の登り坂があってロードレース的で楽しい。しかし初見なのでどれくらい我慢すればよいかわからずピーク前のブラインドコーナーで垂れてしまった。わかっていれば頑張れたけど、わかっていないと垂れるのはよくないな。
再びR413からR412でプレジャーフォレスト前まで。適度にローテ回しつつハイペースで進む。プレジャーフォレスト前を左折してK517へ。遅れがちな2名は完全に千切れがち。先頭集団5名は脚が揃ってるけど、アタックかかったら一番に切れるのはぼくだな。K517とK76がぶつかるところで、SAクラスのひとが時間切れで離脱。散々引っ張ってもらってありがとうございました。千切れがちな2名もここで離脱。おつかれさまでした。
4名になって、K517で雛鶴峠まで。うち1名は雛鶴で離脱するとのことで先頭牽いてもらう。ぼくはここら辺から脚に力が入らなくなり、早々に千切れる。がんばって踏むが200ワットすら出なくなる。雛鶴への道はちょこちょこアップダウンがあって峠の手前までは勾配緩いのだけど、3年ぶりくらいにこの道走るのですっかり忘れていて、このアップダウンはどこまで続くんだ、、、といった心境。Garminの地図見ながら這う這うの体で雛鶴トンネルまで登りきる。完全にハンガーノックでスタミナ切れ。だいぶ待たせてしまった。そして1名離脱で3名に。雛鶴までの道にはほとんど雪なかったけど、頂上付近はやや雪が残っていた。寒い中お待たせしたので早々に下る。休憩していたふたりは下りもガンガン踏んでふもとまで駆け下りていくが、脚の終わったぼくはまったくついていけず。ふもとのコンビニでちょっと長めの休憩を取らせてもらう。
次はK24に入って道志みち方面へ。この道を通るのはまったく初めてで、道坂峠を越えるというのはルート見てわかっていたのだけど、せいぜい大垂水くらいのちょっとした丘を越えるくらいだろ程度に考えていたのだが、ピークは標高1,000m超えで7kmだか8kmだか登るのね…。完全にヒルクライムやんけ。コンビニで休憩取ったけど脚とスタミナが回復とまではいかず、またもやすぐに2名から千切れる。腕がしびれるかんじがあり、ハンガーノックの症状。コンビニでごはん食べたけどすぐにはエネルギーにならないか。とりあえずポケットに入れておいたウイダーインゼリーを飲みつつ、インナーローに入れてひたすら耐えて登る。そのうちハンガーノックの症状は治まってきたが踏めるようにはならず。やっぱりヒルクライムは嫌いだ…。
登り切って2人と合流して道志みち側へ下る。あとは下り基調だ。都留側は道が拓けていて路肩に雪があるものの路面はほぼ乾いていたが、道志みち側は木々が生い茂っており、夏場なら涼しくてよいだろうけど、前日の雪が溶けだして路面フルウェット。頭上の木の枝から雪やら水滴やらが降ってきて、まるで雨の中を走っているかのよう。滑るかんじはしないけど、こんなところで転んだら最悪なので、カーボンホイールの自分は超慎重に下る。無事下れたが、全身ずぶ濡れで凍える。先に下った2人もそうだったのだろう。ここから道志みちを相模原方面へ下っていくのだが、2名でショートローテでガンガン上げる。さっき「ここからはペース走で行きましょう」と言っていたのだががが。ハンガーノックからは回復していたけど、脚は終わっているのでついていくのみ。ローテには入れません。このペースで下のコンビニまでイケるのか?と思っていたら、大渡の手前で1名が千切れる。ぼくも青根で千切れる。さすがに限界で青野原のサークルKで大休憩。
大休憩後はMax35km/h縛りでE1選手に尾根幹まで一本牽きしてもらう。尾根幹入ったところでようやく脚回復したのでローテに入って矢野口に15時半ごろ戻って解散。帰宅して16時半過ぎ。
走行距離199km、獲得標高2,447m、TSS482.1というちょうキツい練習だった…。こういう山岳コースは自分では絶対設定しないのでいい練習になったが、スタミナ不足は如何ともし難いな。毎週はやれないが、月一くらいでこういった練習ができればいいなあ。明日は絶対レスト。たぶん一日中眠いはず。