チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

2017/4/16 大磯クリテリウム2016-2017 第7戦 ミディアム 15位/33人

大磯クリテリウム2016-2017第7戦ミディアムに参加してきた。結果、15位/33人。

4時起床。手の腫れと痛みは相変わらず。肋骨辺りの痛みは少しマシになってきた。レース出るか直前まで迷ったが、レース出なくても走るし、それなら練習がてら出るのもいいかなと。

1年ぶりの大磯クリテリウム。ミディアムクラスはなぜかピュアビギナーの後の時間になっていたので早朝に輪行で向かう。まあ午前中のほうが早く帰れるのでいいのだけど。

会場着いて試走するけど、左手はまともに握れないし、ちょっとした振動がしんどい。ブラケットにしろ下ハンにしろギュッと握り込むわけではないけど、それでも力の入る持ち方っていうのはあるわけで、ちゃんと持てないとちゃんと走れない。想像以上に厳しいな。とりあえず怪我という言い訳はできたので、完走目標で最後だけ前に上がれそうなら上がってあわよくば。

コースインして最後尾を陣取る。ローリングスタートだし、前に上がる機会はいくらでもあるし、今日は後ろにいるつもりだし。ローリング解除して序盤は集団ガチャガチャしていて、平塚側コーナーでインから膨らんできたひとと肩が接触したけど、寄りかかってこられなかったので問題なし。これくらいならよくあることだし。しかしテンション上がるものではない。風はそれほど強くなかったのだけど、先頭牽きたがるひとが少ないのか、コーナー立ち上がりで集団縦に伸びたあとストレート真ん中らへんでごちゃっと横に広がりがち。つまりローテ回ってないのでペースが上がらない。集団の人数も減らなくて嫌な感じ。何度かここガツンと踏んだらアタック決まるなというところがあったんだけど、今日の調子だとアタックした後独走できる気がしないし、そもそもガツンと踏める気がしないので自重。

そんなかんじで集団の中をテレテレ走っていたのだが、残り5周になったのでさすがに前に上がろうとホームストレートで強めに踏んで一気に前に出る。前に出たついでにペースアップ図りたくて1周強めに牽く。1周も牽いたので下がろうかと肘で合図出すが前に出てくれない。思い切り斜行して前に出そうとするも意地でも出てくれない…。そんなときMAKINOのひとがアタック。追わなきゃダメだよねと踏むも1周牽いた後に反応するのはつらい。垂れたところで集団に飲み込まれる。

最終周回、ようやく集団のペースが上がる中、手の痛いぼくはもはや前に出られず。小田原側コーナーは集団後方でもうダメそう。バックストレート中頃で2人が絡んで落車。さらにひとりがそれに突っ込んで落車。その様子を見て余裕で回避。回避してたら集団とギャップができる。はい、完全に終了。あとは流してゴール。

後ろで走るのは性に合わないなー。実業団レースではびびって前に出られなくて後ろで走らざるを得ないんだけど…。今日は体調的に仕方なしとはいえ、いいところがなかった。練習と割り切るならエキスパートクラスに出たほうがよかったな。

あ、ちょっと前に話題になっていた両面テープ、ニットー5000番を今日試してみたけどこれいいっすね。スキンスーツ着ていったんだけど、脱がずに貼れたし剥がすのも簡単。走っていてバタつくかんじもなかった。ピンでジャージに穴開けなくて済むし、これからはこれがマストかも。(ステマ)

日東 再剥離可能強力両面テープNO5000NS 20mm×20m 5000NS20
 

お昼に大磯を発って自走で帰宅。追い風基調なこともあり3時間弱。信号ダッシュでダンシングできないのと振動がつらかった。手の怪我はやく治ってほしい…。