チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

2017/6/24 大垂水峠・雛鶴峠・道坂峠練

4時起床。明日は雨っぽいし元々予定があったので今日はロング練の日。

ぼくはロングライドが別に好きではない。自転車始めてからしばらくは、こんなに距離走れるのかという驚きからいろいろなところへ行って、その到達点としてキャノンボールまでやったわけだけど、自転車乗って4〜5年も経てば自宅から行けるところは大体行ったし、キャノボ達成してからは距離と時間に挑戦という気持ちもなくなった。今ロングライドやるのは完全に練習なので、つらいしあまりやりたくない。でもやらないとスタミナつかないし、身体絞れないし。

5時出発。さて何処へ行こうか。完全に練習と割り切ってR246を往復して240kmとか考えたけど、それだと苦行過ぎるので久々に道志みち通って山中湖へ行こう。登り長いので怠いが、ひとりで淡々と走る分にはそんなにキツくなかろう。山手通りからR246で二子玉まで行って、二子玉から矢野口まで多摩サイ。

矢野口から尾根幹に入る。矢野口交差点のローソンにはいつもどおり自転車乗りがいっぱい。ふと、誰か知っているひといないかな?と覗いてみると皇居練仲間のまつもとさんがいた。聞くとCaidの吉池さんといっしょにニセコクラシック前の追い込みで200kmくらい走るつもりらしい。せっかくなのでご一緒させてもらうことに。吉池さんを待っていると、アングルドロアのおごせさんが通りかかったので道連れにする笑。

ルートはかっちり決めてなかったみたいだけど、とりあえず大垂水峠越えてから雛鶴峠へ行くらしい。まずは尾根幹を越えて町田街道へ。吉池さんの希望で、今日はアゲないで一定ペースで行く。まあ山岳コース行くのにアタック合戦してる場合ではない。メンツによっては関係なしにドンパチで千切り合いだったりするけど。。。ぼくはアタック合戦大好きなのでバッチコイだけど、やるなら100kmまでです。そんなわけで尾根幹は踏まず。登りでちょっと踏んだけど、脚の様子見で後ろを千切るためではない。脚の調子は良くも悪くもなく。

町田街道に出たら高尾まで道なり。町田街道は路肩狭くて交通量多いからひとりだったら使わないけど、ナビゲートしてくれるまつもとさん吉池さんについていくだけ。

高尾からR20に入る。まずは大垂水峠。ローテしながら進んでいき、東山下橋の信号から計測スタート。まつもとさん、ぼく、吉池さん、おごせさんの順。前半の緩斜面区間はまつもとさんの一本牽き。ローテ回したほうがいいんだけど、緩斜面がニガテなぼくは前に出られない。リサイクルセンター、ラブホを過ぎて山道っぽくなった辺りから勾配が上がるので、そこからぼくが先頭に出る。あとはいつもどおりの全力走。パワー見て一定ペースで走るとかできないので。最後の橋だったかバス停辺りだったかでサイコンチラ見したとき、まだ7分台だったので9分切れるかも!とラストスパート。脚が重い。ヘロヘロながら最後までダンシングで踏み切ってサイコン見ると9分切れたかどうか微妙。が、Strava見たら9分切れていた。8分58秒。出力は275wで体重5倍。PR更新できたのはまつもとさんに前半牽いてもらったおかげだし大した記録ではないのだけど、約9分間体重5倍出せたのでまだ成長できているのは嬉しい。

下って相模湖駅先のコンビニで休憩。まだ先は長いのでしっかり補給。一応もうがんばらない宣言はしておく。というか、雛鶴までのアプローチがいまだによく憶えてないのでツキイチにならざるを得ない。まつもとさん、吉池さんに引っ張ってもらう。雛鶴峠までの道は細かい緩い登りの連続なので、これまた自分にはニガテ系。ローテもちょこっと前に出たけどすぐに被せられてしまう。おとなしく後ろでヒラヒラ。FTPより少し下、おそらくSST領域でずっと踏んでいるんだけど、そういう練習は普段しないのでだんだんキツくなってくる。ガソリンスタンド過ぎて民家が途切れ、ゲート?がある辺りでまつもとさんがアゲる。吉池さんが力尽きる。ぼくも力尽きていたけど、吉池さんをかわしてまつもとさんを追う。しかし大きくヘアピンになっている辺りでどんどん離されて見えなくなってしまった。あとはガーミンの地図を見て残り距離を確かめながら雛鶴峠まで。

f:id:thirdman:20170625124335j:plain

吉池さん、おごせさんが追いついてきてから都留方面へ下ってコンビニで休憩。下ってる最中腕が痺れて力が入らなくなってきたのでゼリーとアイスとピルクルで補給。完全にハンガーノックです。一応走りながら補給しているんだけどな。100kmくらい走るといつもこの状態になってしまう。

この先のルートを協議。道坂峠越えて道志みち出るか、R139〜R138で山中湖出るか。前者は完全にヒルクライムだが距離20km。後者は距離45km。後者はちょっと長いよねーってことで道坂峠を越えて道志みちに出て戻るルートに決定。

f:id:thirdman:20170625124705j:image

道坂峠への登りは10km、600mアップくらい。自分はロードレースとクリテリウム特化で練習しているので、いくら体重軽かろうとも一定ペースで登ることができない。加えてハンガーノックで脚が終わっているので半分いくかいかないかくらいで千切れる。登っているうちに少し回復したのも前回と一緒。追いついて道志みち方面へ下る。うねうねした下りの練習はこの頃全然していなかったけど、前行く吉池さんが上手なので、このひとのラインを踏襲すれば問題ない。

道の駅で休憩する案もあったけど、三ケ木のほうまで戻ってゼブラカフェに行きましょうということになった。道志みちの下りはアップダウン繰り返して下っていくのだが、まつもとさんと吉池さんが牽いてくれる。ていうか、このひとたちタフだな…。ニセコとかおきなわに出るんだからこれくらい走れないとダメなんだろうな。実業団レースだと長くても1時間程度なので如実に差が現れる。まつもとさんは登りでアゲて下りで休む、吉池さんはセオリー通りに登りで抑えて下りで踏む。消耗するのはやはりまつもとさんのほうで、途中で遅れてしまっていた。

道志みちからR413に出てゼブラカフェへ。実は初ゼブラ。なんで自転車乗りに人気なのかよくわからなかったけど、シャレオツなカフェだった。あまり食欲なくてパン食べられなかったのが残念。

f:id:thirdman:20170625124411j:plain

帰りの尾根幹はアタックの練習をさせてもらう。疲れているけどここまでアタック掛けてないのでそれなりにアタックできる。付き合ってもらって感謝。14時半くらいに矢野口交差点のローソンに戻ってきて解散。

200kmには届かなかったけど、充分走ったので明日は心置きなく休める。踏んだのは大垂水峠と帰りの尾根幹だけなので脚は疲れていないけれど、どうせ雨だし。