チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

2017/7/2 尾根幹往復

6時起床。結局金曜日も土曜日も走れなかった。今日は1日走れるので距離稼がなければいけないところだけど予想最高気温30℃で萎える。前日までは新木場行って短時間高強度やってさくっと帰るつもりでいたけど、朝起きてフィッテさんの練習が中止になったことを知る。。。どうも夜中雨が降って路面濡れているらしい。うーん、皇居の6時半グループに混ざるのは間に合わないし、皇居単独練は心が折れる。大井埠頭とか新木場も単独練は精神的にキツい。いろいろ考えて、適度にアップダウンがあって登りで追い込まざるを得ない尾根幹に行くことに。

とはいえ、消去法で選んだのでモチベーションは低い。なかなか外出る気にならず7時半出発。路面はびっしょりというわけではないが、クルマが通らないところは湿ってるし、左端にはところどころ大きな水溜りがあるかんじ。滑りそうな気はしないが、昨日のバルベルデみたいにならないようにある程度慎重に行く。

山手通りからR246で二子玉へ。風はほぼないけど湿度が高くて不快。そのせいか妙に息苦しい気がする。脚に疲労感はないけど、ある程度強く踏んでいくと筋肉より先に心肺がキツくなってくる。こんなのあまりないので体調悪いのかな?という気分に。

二子玉から多摩サイに入る。出る時間が遅くなったせいか人が多い。飛ばせないので安全にゆっくり。稲田堤のサイクリングロードが途切れるところから矢野口までのTT区間は40km/h維持できず。そんなに風強くないんだけどなあ。

矢野口のローソンには今日は知り合いおらず。ひとりでスタート。ぽつぽつおひとり様で走っているひとが前に見えるのでそのひとを抜くことを目安にして走る。しかしいつもよりダンシングが長く保たない。すぐに息が苦しくなってしまう。あまりガチっぽいひとがいないのでラクに追い抜けるが、一度抜いたひとに抜き返されるのは格好悪いのでできるだけタレないように踏んでいく。小山長池トンネルを抜けて折り返し。

あまりに息苦しいので、復路は一段重いギアを踏むようにしてケイデンスを落とす。心肺はラクになったが、重いギアの踏み方をだいぶ忘れてる。。。結局重いギアあまり踏めずに元の踏み方に戻ってしまった。

とりあえず一往復したけど、苦しいだけでやる気が出ないので帰宅することに。川崎街道から中原街道で帰宅。75km程度しか走ってないけどおなかいっぱい。重いギアの踏み方思い出さないとダメだな。

来週も天気予報雨ばかりなので走れるときに走っておくモードにしないといけなさそう。