チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

2017/11/11 尾根幹往復、新車シェイクダウン

f:id:thirdman:20171111142755j:image6時起床。一念発起して、昨晩帰宅してから新フレームを組み始めたが、手際が悪くて真夜中までかかっても完成には至らず。起きて続きをやって、とりあえず乗れる状態にまでできた。

朝のうちは雨予報だったので、昼くらいから走るつもりでいたけれど、外の様子を見ると快晴だし、アメッシュ見ると神奈川から千葉へ雨雲が抜けていったようなので、準備して8時半くらいから外へ。

最初はポジション弄りつつ、横浜辺りまで往復するつもりだったけれど、天気がいいので尾根幹方面へ行くことに変更。

山手通りからR246で二子玉まで行き、二子玉から矢野口まで多摩サイ。サドル高を調整するため、ちょこちょこ止まる。高め前乗りのつもりの仮設定だったけど高すぎて、でも下げるとパワーが出ないかんじがして、結局チタンバイクより少し高めにしてみる。まあ膝とか痛くなったら低くしよう。

矢野口辺りはサイクリスト多かったけど、ガチっぽいかんじのひとは見かけなかったので単独走。今日は風が強くて、追い風になるとすごく進むけど、進路と風向きが少しズレると横風で煽られたり、向かい風になって進まなかったり。調子を見るには不向きの日だった。何も考えずに淡々と全力走。小山長池トンネル南で折り返し。往路のアベレージ速度31.2km/h、NP259ワット。パワー高いけどホントかな?

復路も単独走で淡々と。クルマが多くて踏めない箇所がわりとあった。復路のアベレージ速度は32.2km/h、NP210ワット。

風が強すぎて嫌になってきたので帰る。12時ちょっと前に帰宅。TSS206ほどと、シェイクダウンにしては少し頑張りすぎた。

f:id:thirdman:20171111142807j:imageCanyon Ultimate CF SLX。

レバーと前後ディレイラーはSRAM eTap。その他はデュラ。あ、スプロケットはアルテだ。6.5〜6.6kgくらい。このままじゃ実業団レース走れないのでなんとかしなければ。

インプレ、、、そのうち書くかなあ。わからないけれど、初乗りの感想を簡単に書くと、非常に優等生的なタイプのフレームだなあと。普通に走らせやすいし、コーナリングも狙ったラインを取れる。ヘッド周りがしっかりしているので、ダンシング多用する自分にとっては気持ちがいい。ダウンチューブやBB周りもしっかりしているけれど、過剛性ではないので、板を踏んでいるようなかんじはない。けれど、脚がいっぱいいっぱいになって踏めなくなっても、とりあえず回しておけば進むかんじはある。尖った部分はないので、ホントにフツーのいいバイクです笑。

キンタナがXSだから、体型近いぼくもXSにしたけれど、今までのチタンバイクより一回り大きめ。ポジション出るか不安だったけど、なんとかなりそう。でも大きいかんじがする。

チタンバイクは残すけれど、Canyonはレースでバリバリ使うつもりなので、はやくシンクロ率を上げねば。