チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

2018/2/25 第2回東京都ウインターロードレース大会 クラスB 14位/39人

2018年第2回東京都ウインターロードレース大会クラスBに参加してきた。結果、14位/39人。とりあえず最終周回まで20人くらいの集団に残ったけど、最後千切れて完走。

f:id:thirdman:20180225182809j:imageクラスCで「レース」をするか、クラスBで「練習」をするか迷ったんだけど、去年クラスCで2位になってるし、今どれくらい走れるのか走れないのか、それを確認するためにクラスBでエントリ。

4時半起床。6時に家を出て輪行で修善寺へ。修善寺には8時過ぎに到着。

ちょっと早いのでコンビニで朝ごはん買って食べてからCSCまでヒルクライム。20分くらいだし、そんなに激坂じゃないのだがキツい。年々登れなくなっていってる気がする。

CSC到着して受付後1周だけ試走。淡々とレースよりはゆっくりペースくらいで登っていると、同じクラスにエントリしている知り合いがばびゅーんと抜き去っていった。あれについていかないといけないのか。。。レース前なのにすでに負けている。

今回は順周り6周半秀峰亭ゴール。修善寺逆周りは好きだが、順周りの秀峰亭ゴールはニガテだ。

出場者ひとりひとりの戦歴は調べていないけれど、知っている限りでも数人E1選手がいるし、先の知り合いはE2選手だけどぼくより強いのは明らか。なのでできる限り集団についていくのが今日の目標。

クラスBは10時2分スタート。最初の下りは後方になってしまったが、1号橋からの登りでポジションを上げていく。体重4.8倍程度と想定よりキツくないペースだが、さらに上げて前には出られない。先頭はグランペールのE1選手がほぼ牽いてる。2号橋から秀峰亭までも、ヘアピンからピークまでもさほどペース上がらず。1周目は9分10秒。

2周目も動きなし。9分22秒。登っていると風が強く吹き下ろしてくるので、集団内にいるとラク。

3周目も9分22秒。ちょこちょこ飛び出しはあるものの、あまり勢いがなくて泳がされて吸収されているかんじ。ぼくはといえば、脚を使えば前に出られそうなんだけど、前出て踏んだら脚が終わりそうなので集団内でやり過ごす。気がついたら自分より後ろがいなかった。去年も実業団レースでいつもこの位置だったよな。まるで成長していない。

4周目9分25秒。ペース上がらない。下りが遅く感じる。。。エアロードが速いのか?GSエバーウィンのE1選手は登り速いのに、下り遅くて脚使っていて、いつの間にか消えてた。

5周目9分39秒。ペース落ちた。集団の数m先に逃げがいたりするけれど、最後までイケそうなかんじはない。これもう最後までここに残っている集団でいくつもりかな。秀峰亭までの登り途中で東大生が落車。ハスったのかな。この分ならなんとかついていけるかな、と気を抜きかけていたので集中する。

6周目9分43秒。グランペールのE1選手がタレて落ちてきた。そりゃまああそこまでガンガン牽いてればね…。ぼくは6周目まで残れてこのままイケるぞ、と思っていたけど、登っているとついに脚攣りの兆候が出始めた。ダンシング織り交ぜてなんとか誤魔化す。

7周目ラスト半周。2号橋過ぎてから秀峰亭ゴールまでが勝負だろうから、そこまでは明らかに牽制掛かる。長い下りから2号橋を過ぎると、それまでの周回は明らかにペース落ちて集団が横に拡がるのだけど、さすがに最後はみんな全力。ここで千切れておしまい。順位は見ていないけれど、20位くらいか?(追記:先頭から33秒遅れの14位でした。)

タイム1時間3分6秒、Ave32.2km/h、MAX70.5km/h、Ave187w、MAX687w、NP231w、TSS95.5。下りまったく踏んでいないのと登りのペースが緩かったのでアベレージパワーが低い。NP=FTPなわけではないのは承知しているけど、ピーク時がFTP245ワット(4.53w/kg)なので、今FTP231ワット(4.27w/kg)だとしたら、まあそんなもんかな、というかんじ。もっと低いかも。

パワーも足りないが、スタミナがまったく足らない。ロング練と1時間の全力走の練習やらなきゃダメだ…。JBCF修善寺まであと1ヶ月ない。どこまでやれるか。