チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

2018/3/17 第1回JBCF修善寺ロードレース Day-1 E2 35位/96人

第1回JBCF修善寺ロードレース Day-1 E2に参加してきた。結果、35位/96人。

4時起床。昨日有給休暇取って前日入りで伊豆長岡に宿泊。

チームからはぼくだけしかエントリーしていないが、監督がサポートに来てくれてクルマに乗せてもらいCSCへ。

せっかくサポートに来てもらってるのだから良い結果を残したいが。。。

6時のCSCの気温は1℃。風も強く真冬並みの寒さ。そんなに寒くないだろうとわりと薄着で来てしまったことを軽く後悔。

とりあえず試走2周。今回の修善寺のコースは逆回りだが、通常の5kmに加えて秀峰亭の横から3km延長コースを使用した1周8km。昔のTOJとか全日本選手権で使用されたコースらしい。

コースプロファイルを見た限り、通常に較べて登りが1.5kmくらい足されているだけかな、くらいに考えていたが、この延長部分がエグかった。15%くらいの登りが2箇所あり、下りはくねくねしている上にコーナーの日陰部分に苔。5kmコースが如何に楽かを思い知る。

初っ端のE1のレースは1周して戻ってきたらすでに集団になっておらずマジやべーな感が募る。

E2は10時15分スタート。E1がやや押したせいで少し遅れる。

4kmくらいローリングなので余裕かまして後方スタート。

まあ道幅広いのでローリング中に上がれるでしょ、ということで先頭付近まで上がるが、考えることは皆一緒。登りは兎も角、ギッチギチの車間でブレーキ掛けながら下るのは結構怖くて、せっかく前に上がったのに下りでポジションを下げてしまう。

リアルスタートから下りきって2号橋からの登りで先頭はすでに遥か彼方。

ここで切れたら終わってしまうので必死に踏むが中切れが起きてる。ああもうレース終わってしまった。

とりあえず前に見える20人くらいの集団の後ろに全力で踏んで引っ付く。1周目終わる時点で既にオールアウト気味。

あとで聞いたところによると、1周目終わった時点で7人くらいが先行。このグループが最後までいった。先頭グループについていけなかった10人くらいがパラパラといて、その後ろに20人くらいの小集団。ぼくはその小集団の一番後ろに引っ付いていたらしい。

集団は千切れ組なのであまり上げ下げなく平和に進む。とはいえ、登りは300ワット辺りなのだが…。

ぼくは登りは兎も角下りが下手っぴで。小集団で別に攻めてるわけでもないのに前の人の後ろに付けない。ビビってしまって車間開けてしまう。下りで車間開けてしまうと登りで挽回せねばならず無駄脚を使う。そんなことを繰り返していたら3周目の2号橋までの下りで決定的に千切れてしまった。

あとは完全に単独走。4周目最終周回は、早く終わらないかなというのと、明日走りたくないな、とかしか考えられなかった。

結局先頭から6分58秒も遅れて35位でゴール。集団は1周16分台前半、先頭グループは15分ちょっとだったらしい。集団にいても1周1分遅れていき、千切れたあと一気に遅れたみたい。

下りで詰められないと明日も同じことになりそう。

f:id:thirdman:20180317195604j:image集団に必死でしがみついてるときのぼく。登りなのに前乗りになってる笑。