チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

2019/1/27 東京都ウインターロードレース大会(第1戦) クラスC 2位/29人


東京都ウインターロードレース大会(第1戦)クラスCに参加してきた。結果、2位/29人。

2019年初戦。

当初は出るつもりなかったんだけど、チャレンジロード出たいなとふと思って、練習のつもりで出ることに。

今年はJCF登録していないので、出られるのはクラスCかBのどちらかだけど、自分から動いて逃げて勝ちたいって思ったので、Cでエントリー。

そんなこと考えたせいで、自分にプレッシャー掛かって、すごい憂鬱だったんだけど。

現地まではいつも通り修善寺まで輪行。

また強い寒気がやってきていて、前日は強風吹き荒れていたけど、当日はそこまで風は強くない。しかしとても寒い。

まあ陽が当たればだいぶ暖かいし、ウォーミングアップしてたら温まってきたので、長袖ワンピにおたふくインナー、ニーウォーマーという格好で走ることに。手袋は軍手。

並びは最後尾。定刻通りにスタート。

集団で下るの怖え。1号橋からの登りでさっさと前のほうへ上がる。

去年のJCRCで完敗したウォークライド菅野さんが早速アタック掛けてるので追随。

下りで前へ出るが、結構な向かい風で伸びない。。。

登りのたびにアタックが掛かる。アタック合戦は望むところだが、即反応しちゃうとただのアタック潰しなので、少し間を空けてから合流するような動きをする。結構しんどい。

2周目の1号橋からの登りで、すでにだいぶバラけていたので、一旦数人で纏まるか…?と考えていたら、今回優勝したひとがスルスルと加速。

あっという間に距離が開く。誰も追いかけない。マズいと思ってぼく一人で追随するも、そのひと下りが速くて追いつけない。

集団待って何人かで追いかけるか考えたけど、秀峰亭辺りですでに2番手のぼくと後続の差も開いていたので、覚悟を決める。

とはいえ、まだ2周目。逃げるつもりではいたけれど、ここから最後までイケるのか?という気持ちは拭えない。

幸い、前のひとはチラチラ見える位置にいて、登りでは少しずつ距離詰められている。

終盤10秒くらいまで詰められたけど、10秒だとひと喪掻きで追いつける距離ではないし、気付かれたのかペース上げられて再度離される。

結局そのまま最後まで独走で逃げ切られた。ぼくも後ろに追いつかれず2位でゴール。

当初は序盤少人数で逃げを作って、終盤アタックして独走って考えていた。でも、思い描いていた展開とは違ってしまって、単に力押しになってしまった。そしてチカラで完全に負けた。2人で行ってもたぶんどこかで千切れていただろうし。

秀峰亭ゴールだと、ぼくの脚質では逃げるしかないので、独走できたのは良かった。

また勝てなかったので不満だけど、さすがに次はクラスBで出るべきだなー。

f:id:thirdman:20190127155410j:image