チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

2019/4/7 第44回チャレンジサイクルロードレース大会 B-40 3位/12人

第44回チャレンジサイクルロードレース大会 B-40に参加してきた。結果、3位/12人。

なにげにチャレンジロードは初参戦。チャレンジロードといえば、全日本出場権が獲得できるカテゴリAのイメージが強くて、自分なんか出られるレベルにないと思っていたけど、非登録者でも出られるカテゴリBもあり、そちらは参加人数多くなく、レベルも妥当そうなので参加してみることに。

当日はチームメイトの山田くんにクルマを出してもって修善寺へ。

7時半ごろ到着、受付してから試走へ。

ここ2ヶ月ほど仕事が忙しすぎて疲労が溜まるいっぽうで、練習してもチカラが出ないことが続いていた。試走は1周だけ、登りだけ踏んでみるがやはりチカラが出ない。試走後はカラダがだるくてだるくて、今日は無理だなって悟る。

自分のカテゴリは年代別40代のB-40で12人エントリ。30代のB-30と混走で30人弱。B-40で強そうなひとは、昨年おきなわ100kmオーバー40で1位の竹芝宿谷選手、2位のイノウエレーシング井上選手。B-30だと元U23全日本チャンピオンのユーキャン大塚選手か。今日の自分の調子だとアタック撃ったりできないので、このひとたちにどこまで食らいつけるか。

レースは9時34分スタート。1号橋までローリングで登り始めてからリアルスタート。

登りのペースはそんなに速くはないのだけど、体感はすでにキツい。前目に留まるので精いっぱい。

2周目に入るころには集団9人くらい。逃げがいた気がするけど余裕がなくてあまり把握できていない。40代は宿谷選手、井上選手、自分とすでに3人。途中登り終わりで宿谷選手が変速ガチャガチャやっていて脱落。これで40代2位か。2周目もペース緩まなくてヤバい。

3周目はとりあえず40代2位を死守すべく、先頭集団最後尾でコバンザメしていると、なんと秀峰亭までの登りで宿谷選手が単独で追いついてきた。格が違う…。

4周目、たしかB-30で3人くらいが先行していて、1号橋からの宿谷選手と井上選手もペースアップ。たまらず千切れる。もう全然チカラが入らない。

あとは40代で3位か…と妥協して、抜かれないことだけ考えて、5周目の秀峰亭まで走りきってゴール。B-30、B-40全体だと9番目。圧倒的敗北感。

ログを見るといちばん速くても8分53秒ほどだったので異常に速いというわけではなかったし、パワーは前週のJCRC修善寺のほうが全然出ていた。これもどるんかな。。。

次戦はJCRC群馬の予定。できればレース展開に絡みたいんだけど。f:id:thirdman:20190407163822j:imagef:id:thirdman:20190407163833j:imagef:id:thirdman:20190407163849j:imagef:id:thirdman:20190407163907j:image