チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

2019/9/8 第67回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会 一般初級 1位/109人

f:id:thirdman:20190908180844j:image第67回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会一般初級に参加してきた。結果、1位/109人。念願の優勝。

2015年に初参加して以来目標としているレース。

2015年は市民Cで11位、2016年は市民Cで8位。2017年は万全を期して臨むも開始5kmでメカトラDNF、2018年は直前で咽頭炎に罹ってしまいDNS。なんか相性良くない気が…。

今年こそは、と意気込むものの、ここ数年のかんじからすると春〜夏から調子が上がって、9月〜10月くらいにはパワーもピークに達するはずなのに、春先からずっと調子を落として一向にパワーが上がらない。その上、8月のお盆時期に蜂窩織炎で一週間寝込んでさらに調子を落とした。

出るのやめようかな、くらいの気持ちだったけど、一週間前にようやく試走に行って、タイムはひどいものだったけど、下りはPR出ていたし、ちょっと頑張ってみようかなって気持ちになれた。

いつもどおり前日入りで前日受付。自分はクルマの免許を持っていないので輪行しかなく、当日朝の余裕をもたせるためにおカネでなんとかするやつ。食事制限とかしないひとなので、がっつりカツ丼とうどんとデザート食べて、ホテルに戻って早めに就寝。

当日は6時前に起床。台風15号が来ているようだけど降り始めは午後以降の予報で朝は快晴。前日も猛暑日だったし今日も暑くなりそうな予感。暑さがそれほど得意ではないのでつらいコンディションかも。

7時半にチェックアウトして会場へ。リュックを背負っているのでなんとも言えないけど疲労は抜けているけれど抜きすぎているというかんじはない。それなりに調子はいいか…?

去年から初級と中級が同時スタートになったので早めに並んでおく。初級は中級の後ろスタートだが着を狙うならどうせ中級の先頭で走らないといけないし。

と思っていたら、中級がスタートしてから初級の前にモトバイクを入れるらしい…。本気か。

よくわからないけど、9時に中級スタートして、10秒後に初級スタート。

あれ、モトバイクは入ってこない?初級の先頭は10秒差を埋めるべくダッシュ。普通に混走状態。

初級中級合わせて150名以上いるのでさっさと前に上がるが、ペースはなかなか速い。

平坦部は10〜20番手くらいで走る。きつくはないけど前に出るならちょっと頑張らないとダメそう。位置取りはJBCFに比べると遥かに楽。

富田農園曲がって第一登りへ。前で入れなかったのでアゲ気味で。それなりにポジションアップできたけど、中級と一緒に登ると登りのアドバンテージは感じられない。
前のほうで見る初級は5人くらい。TWGNのひとたちとか、MIVROのひと、TREKジャージのひとが強いかな。
登りでガッツリ減ったと思うけど前の方にいるのであまりよくわからず…。でも2周目くらいから走りやすくなった。2周目の第一登り終わりで緩んだところを中級のアクティバイクのひとと抜け出すが登り返しで追いつかれる。
3周目最終周回には集団は20人ちょっとくらい?1時間のレースだしボトル1本だったけどちょっと水が足らない気がする。アタックとかちょこちょこかかるけれど、展開は中級のひとに任せてひたすら耐える。
最後の第一登り突入。集団後方でやっちまった感。必死にポジションアップをしようとするも登り中切れからの下りで取り残される。初級は前に2人。MIVROのひととTREKのひと。
登り返しでMIVROのひとをパス、あとはTREKのひとだけ。
最後のストレートは中級のARCCのひとの後ろにつかせてもらう。あと10mくらいが埋まらない…。
このまま2位かと思ったら前方先頭集団でTREKのひとが落車、躱してそのままARCCのひとの後ろでゴール。

実力だったらMIVROのひとやTREKのひとに負けてたし、初級と中級が混走でなかったら中級のひとたちの後ろで休ませてもらうとかできなかったし、展開も違ってたと思うし、パワー的には全然出ておらずチカラでねじ伏せて勝ったとかじゃないので、諸々含めて上手くやれたのかな、と。

初級中級全体では9着。自分で展開作れるレベルじゃなかったので、来年中級で出るとするとかなり厳しいかんじ…。あのコースだと登りのアタックに対応できて、少人数スプリントで決着つけるかんじになるので、両方強くならなきゃいけない。

というか、マスターズで出られる年齢に早くならないかな…。f:id:thirdman:20190908180922j:imagef:id:thirdman:20190908181355j:image