チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

2019/6/2 JCRC第3戦下総 1時間個人ED 7位/26人

JCRC第3戦下総1時間EDに参加してきた。結果、7位/26人。

下総はひさしぶり、というか1回くらいしか走った記憶がない。4sqのチェックイン記録だと前回は4年前のしもふさクリテだ…。そのときは全然前に上がれず埋もれて終わったので苦手意識が強い。

今回は脚力別がC以下しかなく(自分はB)、年代別はお昼過ぎと遅い。1時間EDなら朝イチなので、昼前に現地出て帰れるな、と思ってエントリー。

実はエンデューロはじめて。とは言っても1時間のエンデューロなんて周回数が決まっていないクリテリウムみたいなもんだし、距離はだいたい40km前後だろうし、20分とか30分のレースだと疲れる前に終わってしまうのでちょうどいいかな、と。

8:45スタート。

最初の3周はローリングというか、主催者側からあまり上げないでね、とのお達しがあったのでゆっくり目。前に出てローテ回すようにするけど、感覚的に被せられるタイミングでも前に出てこなくて、草レースにありがちなローテ回らないやつだなあ、と。1人逃げてたけど放置。

4周目くらいから1人逃げ吸収してすこーしペースが上がる。いったん後ろに下がるも走りづらさを感じて前へ戻る。

過去下総走ったときは全然前に上がれなかったけど、4年で少しは上手くなったか。

前のほうではガツンとしたアタックは少ないけど、何人か逃げたい意思があって飛び出すひとがいる。それにブリッジが掛かるものの、ローテ回らず自然と後ろがつながってしまうかんじ。

ぼくとしても逃げに乗りたい、少人数に絞りたい、というか集団スプリント勝負にしたくないので、ブリッジしてローテしたり、何人か先行させてギャップ作って(わざと中切れ作って)からブリッジして後ろにダメージを与える、などやってみるもののなかなか集団小さくならない。

30分過ぎても集団大きいまま。今日はダメかもな、と思い始める。

そのうち1人逃げが発生するも誰も追いかけず。自分もそれほど強力なアタックに見えなかったので1人ならと放置。しかし、なんとこのひと20分くらい独走で逃げ続ける。

45分くらい経過したところで一旦集団後ろに下がる。まだ15人はいるかな…。

50分過ぎて1人逃げ吸収、カウンターらしきアタックはあるもののあまり活性化せず。そろそろ終盤ということで泳がせて吸収、というのを繰り返す。

ラスト2周。時間的にあと1周だな、と野球場の辺りで考えているとY'sのひとがアタック。位置的にイケそうだったのでブリッジ。多少ギャップ作ったけど集団が逃すわけもなく陸上競技場より前で普通に捕まる。

もうスプリントだなあと考えながら位置取り。最後の登り手前右カーブはアウト側に膨らむだろうからイン側につける。イン側は前に2人。左側のひとがイン側に寄りながらスプリント、右側のひとは最イン側に押し出されて植木の枝に引っかかり転けそうになる。2人の後ろにつけていた自分も脚を止めて避けざるを得なくなり、藻掻けず7番手でゴール。

位置取り下手というか勝負勘がないというか…。意外と走れたけどせめて入賞はしたかった。とはいえ、スプリント展開になったらほぼ無理なのもわかっていたのだけど。

次回はJCRC群馬かな。タイムスケジュール次第だけど。