チャウチャウちゃうでパンダやで。

自転車乗ったら書く日記。

2020/1/19 川島町役場前クリテリウム大会 中級 4位/33人

川島町役場前クリテリウム大会中級に参加してきた。結果、4位/33人。

2020年初レース。

同日開催の大磯クリテリウムとどちらに出ようか迷ったけど、大磯は落車が多いので敬遠して川島町へ。しかしその判断は大きなミスだった…。

川島町クリテは埼玉車連が毎年開催している冬の農道クリテで、事故があって無くなった行田クリテの翌年からやっているけれど、私は初参加。

先月出た幸手クリテと大磯クリテではまともにレースできなかったので、1ヶ月インターバルトレーニングした。どれくらい戻ったか未知数だけど、せめて着争いには絡みたいところ。

行きは桶川駅まで輪行して、川島町役場まで10km弱自走。

冬の埼玉にしては風が弱く、よく晴れていたけれど、前日雪混じりの雨が降った影響か路面がややウェットで、ところどころ凍っている。風が弱いので集団バラけなさそうだけど、路面が濡れている影響はどうだろう…。

コースは4つ左曲がりのコーナーでつないだ単純な四角形。ホームストレートは2車線だけど、そのほかは農道なので1車線〜1.5車線くらいか。試走しなかったので路面の様子はわからなかった。

試走しなかったので招集時最前列に並んでおく。係員のひとの注意事項伝達では、2コーナーがかなり滑りやすいとのこと。

予定より1分遅れで、上級の1分後に9時17分ローリングスタート。中級は10周。

1コーナー曲がったあとリアルスタート。2コーナーまで長いので一列棒状。3〜4番手くらいで問題の2コーナーへ。かなり減速して入ったがリアがすこし滑る。ちょっと倒すだけでもこんなに滑るのか…。周りは畑なので、農作業車の泥が路面にこびりつき、その泥がかなり滑るみたい。3コーナーも結構狭い。泥もあるし、速度上げて突っ込むと畑にダイブしそう。

1周目はなんとかこなす。2周目の2コーナーで派手めにリア滑らすひとがいてヒヤリとする。これもうインターバルキツくなってもしょうがないから、私は目一杯減速して曲がることに決める。

3周目?4周目?に、3コーナーで私の前のひとがスリップダウン落車。同じライン取っていたけど、私はかなり減速していたので突っ込まずに済んだ。しかし避けたら多重落車起こしそうだったので足つきして停車。終わったかと思ったけど、車列が長く伸びていたおかげで、再スタートしてフル藻掻きでなんとかケツにひっつけて、そこから先頭へジャンプアップ。つかれた…。

そのあとは毎周回落車が起きてた気がする…。3コーナーが特に多かった印象で、私の後ろにいたひとが「インいるよー」って言ってきて、ヤバそうだな…と思ったら案の定転けてた。

そんなかんじだったのではやく終わらないかなあと考え出す。とりあえず前々で展開できてたし、時々ゆるアタックしたり先頭出てローテできてたので、調子は悪くないっぽいけれど。正直怖い。

8周目?に先頭から下がると、集団10人くらいしか残っていない。あれ、いつのまに…。このままこのメンツでスプリントになりそうだし、後ろで休もう。そしたらラバネロの相原選手がアタック。そこにエコダライダーのひとがブリッジ。私は最後尾にいた上に、コーナー立ち上がりのインターバルで脚を使っていてまったく反応できず。。。

他力本願で周りに追ってもらいたかったけれど、みんな脚を使いたくないのかペースが上がらない。差がどんどん開いてしまい、逃げは決定的に。

最終周回、全力で逃げを追いかけながらも3位争いのためのスプリントのことを考えながら前に出て牽いたり下がったりしてタイミングを図る。

もう6人くらいしかいないので、この6人でスプリントだな…と考えてたら、3コーナーでシャークアイランドのひとが落車。巻き込まれなかったけど、立ち上がりで遅れる。

前でワダのひとがチェーン落ち?でガチャガチャやってるのでパス。その前にいるひとが追走集団先頭で、なんとか後ろにひっつく。前に出そうと蛇行されたけれど前に出なかったら、私の後ろのひとが飛び出したので乗り換え。最終コーナー曲がって、スプリントのタイミングを図る。前のひとが思ったより早く失速。ちょっと早いけれどいくしかないとスプリント開始。しかし勢いよく別のひとに抜かれて4着。

やってもうたー。3位まで表彰なのに4着…。まあでも思ったよりは走れたかな。ローラーでのインターバルトレーニングの有用性はわかったので続けていこう。

2月にも川島町で大会あるけれど、今回怖すぎたのでエントリーするかは不明。でも大磯も怖いしなあ…。悩む。